あぁ、悲惨…。プロが教えるやりがちな「残念眉メイク」3選

あぁ、悲惨…。プロが教えるやりがちな「残念眉メイク」3選

メイクの中でもポイントになる眉。
眉は重要度が高いにも関わらず残念メイクが多いパーツでもあるんです。
そこで今回はプロが教える「残念眉メイク」3選をご紹介。
ついついやりがちなメイクで悲惨な結果を招かないようにチェックしておきましょう!

濃さが一定

残念眉メイク、眉毛の濃さが全部同じこと。
眉メイクをする際に眉頭から描きはじめることも多いので代表的な残念眉メイクともいえるかもしれません。

眉頭が濃すぎると目のバランスが崩れて顔全体もチグハグな印象に。
眉頭を描くときは力を入れすぎず、ブラシなどで軽くぼかすと自然に仕上がりますよ。

眉頭の位置にも注意!

眉頭で気をつけたいポイントがもうひとつ、眉頭の描きはじめる位置にも注意が必要です。
鼻筋が通って見えるように角度をつけたい気持ちはあるもののどこか古臭い感が漂ってしまうことは否めません。

なるべく眉は角度をつけすぎず、自然なラインになるようにしましょう。
自眉の位置が元から鼻筋寄りの方はその部分を整えるだけですっきり美眉に変身です!

ムダ眉毛の処理

ついつい怠ってしまいがちなのが自眉のお手入れ。
顔全体のムダ毛は気にしていても眉毛の処理を忘れて気づけばゲジゲジ眉に…なんてこともありますよね。

特にNGなのは眉毛と目の間のそり忘れ。
ここに余分な眉毛があるかないかで顔全体の印象がだいぶ変わってきます。
そりすぎないよう注意してすっきりラインを整えれば顔もシャープな印象になりますよ。

自然な美眉を目指そう♡

微妙な調整次第で悲惨な結果につながってしまう眉メイク。
少し難しいイメージもありますがシンプルに自眉を活かすことを意識するだけで残念眉メイクからは脱却できます。

残念眉メイクのポイントをおさえて自然な美眉を目指していきましょう♡


ついやりがちな残念眉メイク3選とその対処法をまとめてみました。
これで残念眉メイクからは卒業!
ぜひ普段のメイクの参考にしてみてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6