【血液型別】恋人がほしいと感じる瞬間は?

【血液型別】恋人がほしいと感じる瞬間は?

あなたはどんなときに「恋人がほしい」と感じますか?
この記事では、恋人が欲しいと感じる瞬間を血液型別に診断していきます。

【A型】友達に恋人ができたとき

常識人なA型は、「周りと違った行動をするのは恥ずかしい」という思いを持っています。
そのため、友達に恋人ができると「ヤバい!恋人を作らなきゃ」と焦るのがA型の特徴です。

友達にも恋人がいないうちは「恋人がいなくても楽しいし!」なんて思えていても、友達に恋人ができた途端、一気に恋人が欲しいモードに切り替わってしまう傾向にあります。

【B型】辛いことがあったとき

「マイペース」「打たれ強い」と言われるB型ですが、本当はとても繊細で傷つきやすい性格。
周りの人たちが考えている以上に些細なことで心を痛めており、気持ちの切り替えも苦手なのです。

何か辛いことがあったとき、B型は気を許せる誰かに寄りかかりたい気持ちになります。

しかし、B型は友達相手だと気を使って遠慮してしまうため、辛いことがあると「こんなときに恋人がいればな……」と恋人が欲しくなるでしょう。

【O型】遊ぶ友達がいないとき

O型は社交的なので、友達が多いうえに一人で過ごす時間も嫌いではありません。
そのため、恋人がいなくても日々を楽しく過ごせるタイプです。

しかし、たまたま周りとスケジュールが合わなかったり、環境の変化があったりして遊ぶ友達がいないと、途端に寂しさを感じてしまいます。

基本的には「恋人はいてもいなくてもどっちでもいいかな!」と考えているO型ですが、遊ぶ友達がいないときには猛烈に「恋人が欲しいな」と感じることでしょう。

【AB型】理解者がいないと感じたとき

相手の個性を尊重し、自分の個性も尊重してほしいという思いが強いAB型。
そんなAB型は、近くに自分の理解者がいないと感じたとき、強い孤独を感じて恋人が欲しくなります。

特に、自分の一番の理解者だと感じていた家族や親友が自分の意見や考えを理解してくれなかったり、すれ違ったりしてしまったときに恋人が欲しいと感じるでしょう。


自分の診断結果だけでなく、気になる人の診断結果をチェックしてみるとアプローチにベストなタイミングがわかるかもしれませんよ。
ぜひ診断結果を参考に、素敵な恋愛をしてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6