【電話あるある】スマホ世代は誰でも経験あるよね?!

【電話あるある】スマホ世代は誰でも経験あるよね?!

電話って、意外と難しいですよね。
電話することに慣れていないと対応の仕方が難しく、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、スマホ世代の電話あるあるについてご紹介します。

いつ切るか悩んで、切るタイミングを見失う

電話を切る時のタイミングを掴むのは、かなり難易度の高い問題です。
タイミング次第では相手に不快感を与えてしまったり、無駄に話が長引いてしまったりすることも。

基本的には「電話をかけた側が先に切る」ことが、電話のマナーとされています。
こちらから電話をかけたのであれば切る合図として、お礼の言葉を言ってみましょう。

「お時間をいただき、ありがとうございました」「話を聞いてくれてありがとう」と切り出してみると良いでしょう。

お礼を言われて不快に思う人は少ないので、感じよく電話を切ることができますよ!

見えないのに身振り手振りをしてしまう

相手からは見えないのに、思わず身振り手振りを交えて電話で話してしまうこと、ありますよね。
でもそれは、決して悪いことではないんですよ。

言葉だけを淡々と並べても熱がこもらず、冷たい印象になってしまうことも。
電話口での身振り手振りは相手にきちんと言葉を届けようと、気持ちがこもることで生まれる行為です。

外出先などでやってしまうと恥ずかしい思いをするかもしれませんが、それはあなたの思いがちゃんと言葉に乗っている証拠。

電話のお相手にはちゃんと言葉と一緒に気持ちが伝わっているので、恥じることなんてありませんよ!

沈黙が異様に気まずい……

電話では会話がすべてなので、沈黙の時間は異様に長く気まずく感じますよね。

沈黙しても気兼ねなく次の会話に繋げられる相手なら良いのですが、ビジネス電話などでは自分も相手も困ってしまいます。

電話で会話が続かない時は、今までの話から一旦離れて話題を変えてみましょう。
相手の興味のある話題を振ってみたり、時事ネタや当たり障りのないお天気の話題もおすすめですよ!

相槌だけ打って、他のことを考えている

あまりにもつまらない会話だと、相槌だけ適当に打って別のことを考えてる……なんてことしていませんか?

その行為、電話のお相手に伝わっていますよ!

別のことを考えてしまうほど会話がつまらないなら、相手とトラブルになる前にキリの良いところで電話を切ってしまいましょう。

「充電が切れそう」「荷物が届いた」など適当なシチュエーションを何個か用意しておけば、面倒な電話からスムーズに離れられますよ。


慣れないうちは難しく感じる電話も、あらかじめシチュエーション別に使えるワード用意しておいたり、経験を重ねていくことで少しずつ慣れていくことができます。
難しく考えすぎず、気軽に構えてやっていきましょう!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6