【蚕豆】これなんと読む?ヒントは童話に出てくるあのお豆!

【蚕豆】これなんと読む?ヒントは童話に出てくるあのお豆!

世の中には難しい漢字がたくさん存在しています!
「これってこう読むんだ!」と驚くこともよくありますよね。
今回は意外と読めない「蚕豆」について、解説します。

(1)「蚕豆」って読める?

「蚕豆」と書いて、なんと読むか分かりますか?
ヒントは、有名な童話にも出てくる誰もが知っているお豆。

そうです、「蚕豆」は「そらまめ」と読むのが正解。

(2)「そらまめ」ってどんな豆?

そらまめは6大食用豆の一つで、一般的によく食べられている豆です。
4~6月頃にかけて旬となり、おいしく食べられます。

塩茹でして食べたり、ムースにしたり使い方はいろいろ。

(3)「蚕豆」以外の書き方

そらまめは「蚕豆」以外の漢字で書く場合もあります。
「空豆」と書いてあるのはよく見かけますよね。

「天豆(てんまめ)」と書いてある場合もあるんですよ。

(4)なぜ「蚕」なの?

「蚕(かいこ)」という字が使われたのは、さやの形が似ているから。
蚕が繭を作る時期に、そらまめもおいしくなるからとも言われています。


いかがでしたか?
色々な知識が増えていくのは楽しいですね!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6