なんか太った?(苦笑)確実にデブに見えちゃう【NG着太りファッション】4つ

なんか太った?(苦笑)確実にデブに見えちゃう【NG着太りファッション】4つ

体重は変わっていないのに、「太った?」と言われてしまう女子必見!
その原因は間違ったコーデのせいかもしれません。
スリムに見せるために、太って見えるNGコーデを徹底解説していきます。

(1)ボーダー柄トップス

着太りアイテムの代表と言えば「ボーダー柄」です。
ボーダーが横に広がって見えることで、体型も違って見えます。
スリムな人でも要注意なアイテムなんですよね。

少しでも細く見せたいのなら、無地のトップスかストライプ柄がオススメ。
ストライプ柄なら、ボーダーとは逆の縦縞なのでスッキリ感アップ。
縦のラインを強調することができますよ。

(2)暖色系アイテム

コーデを決めるときには、カラー選びも重要です。
暖色系のアイテムが多く使われていると、どうしても太って見えがち。
白、ピンク、オレンジなどは膨張色とも言われますよね。

暖かみがあり、やさしげに見えるカラーですが気をつけましょう。
細見えするのは寒色系のアイテムです。
黒、青などのカラーと上手に組み合わせて使うと良いですよ。

(3)露出なしコーデ

細見えするためには、ほどよい露出が必要です。
「首」「手首」「足首」この3つの首、隠れていませんか?
この3つの首は、ほかの部位より絶対に細いパーツなんです。

それぞれの首をチラ見せすることで、メリハリ感がでます。
袖の長いシャツや、丈の長いパンツは折り返してあげましょう。
手首にはゴツめのバングルをつけると、細見え効果アップです!

(4)ふんわり系アイテム

ふんわりと可愛いワンピースや、女子の憧れチュールのスカート。
とっても可愛いですが、これらも着太りアイテムなんです。
ボリュームがあると、太って見えてしまうんですね。

こういった場合も「メリハリ」を意識しましょう。
ボリュームのあるスカートには、ぴったりめのトップスを。
ボリューム×タイトの組み合わせが基本です。

メリハリのないワンピースは、ベルトなどでウエストを強調します。


太って見えてしまう原因が、これで分かりましたね。
ちょっと意識するだけでも、劇的に変化しますよ!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6