意味知ってる?【脚下照顧】使えたらカッコイイ!

意味知ってる?【脚下照顧】使えたらカッコイイ!

難解な四字熟語は、馴染みがなくてどう使っていいかわからないことも多いもの……。
「脚下照顧」は読み方から意味までカッコいい四字熟語、普段使っていたら一目置かれます。
そんな今回は、四字熟語「脚下照顧」についてご紹介いたします。

(1)意味

「脚下照顧」は「きゃっかしょうこ」と読みます。

「脚下」は足元を意味します。
「照顧」は自身がした行動を振り返る、反省する意味が込められた漢字です。

そのため「脚下照顧」は、他人に意見する前に、自分自身を振り返る大切さを説く四字熟語!

調子に乗らず、自分自身を律する大切さも感じ取れますね。

(2)どんなときに使える?

「脚下照顧」はもともと禅用語として使われています。
そのため、会話の中でさらっと使う場面は少ない方。

「新たな物事にチャレンジするとき」
「失敗したときに、自分を励ます」場面で使ってみてください。

「脚下照顧」は難解なイメージがある分、お守りのように、口ずさめる四字熟語です。
ドキドキする場面に、何回か言葉にすると、緊張が取れる期待も持てますよ。

(3)知ってたらカッコいい

「脚下照顧」は馴染みがない人も多い四字熟語です。
響きがかっこよく、さらっと意味を知っていたら、輝かしい目を向けられること間違いなし。

クイズ番組などで、題材にしているなら、一早く答えたいところですね。
意味もかっこいい四字熟語なので、覚えておいて損はないですよ。

(4)まとめ

「脚下照顧」は「きゃっかしょうこ」と読み、自分自身を見つめることの大切さを教える四字熟語です。
調子に乗って、他者に言いすぎたあとの自分にかけたい言葉です。

他人に期待をして裏切られる状況が続くときにも、自身を慰める言葉として使えます。
難解な四字熟語なので、知っていたら待望の目を向けられること間違いありません。


「脚下照顧」は、自身自身を振り返る「冷静な心を持つ」大切さを説く四字熟語です。
さらっと使えることほど、かっこいいものはありません。
ぜひ「脚下照顧」をはじめとした、四字熟語を覚えてみてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6