食後の歯磨きはダメ!?【NG歯磨き習慣】みんなもチェックしよう

食後の歯磨きはダメ!?【NG歯磨き習慣】みんなもチェックしよう

毎日の歯磨き、正しくできている自信はありますか?
実は良かれと思ってやっていた歯磨き習慣が、お口の健康に悪影響を及ぼしている場合があるんですよ!
そこで今回は、NG歯磨き習慣について詳しくご紹介します。

食後すぐの歯磨き

食事が終わったら、時間を空けずすぐに歯磨きをしている方も多いのではないでしょうか。
実は食後すぐの口の中は酸性状態で、歯のエナメル質がもろくなっているんです。

時間が経つと唾液の働きによって口の中が中和され、歯の再石灰化という働きによりエナメル質が再び硬くなり、元の状態に戻ります。

よって食後の歯磨きは食べ終わってすぐ行うのではなく、15~30分後に行うと良いでしょう。

ゴシゴシ強い力で磨く

歯を綺麗にしたいからといって、ついつい歯磨きに力が入っていませんか?
でもハブラシを強くあてたからといって、歯は綺麗になってくれません。

そればかりか、歯の表面や歯と歯茎の間を傷つけ知覚過敏症や歯茎が下がってしまう原因にもなりかねないんです!

ハブラシをあてるときは、150~200g程度の軽い力で充分。
優しいタッチで細かくブラッシングすることで、より早く綺麗に歯垢を取り除くことができますよ。

ハブラシだけしか使わない

ハブラシだけしか使わない歯磨きだと、歯と歯の間の汚れは60%程度しか取れていないといわれています。
この先もずっと自分の歯でものを食べ、美しい状態を保っていきたいなら、歯ブラシだけのケアでは不十分。

ハブラシの他に先が細くなったデンタルタフトや、歯間部を糸状の繊維で取り除くデンタルフロス、歯間ブラシなどを使ってしっかり歯垢を取り除くことが大切です。

電動ハブラシを使っていても同じことがいえるので、ハブラシだけに頼ることなく他のアイテムもしっかり活用しましょう。

歯磨き後しっかり口をゆすぐ

汚れや歯磨き粉をしっかり落すために、歯磨き後しっかり水を含んで何度もゆすいでいませんか?

歯磨き粉には、歯を守ってくれるフッ素などの有効成分が配合されています。
口をゆすぎ過ぎるとせっかくの有効成分まで洗い流してしまうので、歯磨き後は水を少量含んで軽くゆすぐだけでOK!


ついついやってしまっているNG歯磨き習慣に、思い当たるふしのある方も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介したNG歯磨き習慣は、少し気を付ければ改善できるものばかりです。
歯磨きの際に少しだけ注意して、お口の健康を保っていってくださいね!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6