まとめ買い続出!【無印良品】時短で美味しい「缶詰レシピ」

まとめ買い続出!【無印良品】時短で美味しい「缶詰レシピ」

食料品にも力を入れている無印良品。
この春「魚の缶詰」シリーズが発売されました。
缶詰なら食べにくいと敬遠されがちな魚も食べやすく、様々なレシピに使うことができます。

今回は、無印良品の時短で美味しい「缶詰レシピ」をご紹介します。

(1)サバ缶ハンバーグ

無印のさば缶は、尾に近い部分を中心に使っています。
うまみたっっぷりでジューシーな味わいが詰まった一缶ですね。

そのサバ缶を、水切りした豆腐やパン粉や卵と合わせてこねて、ハンバーグに。
仕上げには、醤油・酒・みりんで照焼きにしてみましょう。

お好みで、大根おろしや大葉をトッピングすると映えますよ。

(2)鮭缶ポテトサラダ

鮭缶でポテトサラダを作ると、いつもの味わいとはちょっと違う一品に。

作り方は、通常のポテトサラダにのハムやシーチキンの代わりに、鮭缶を使うだけ。
紅色が鮮やかで、見た目にも美しくなりますよ。

鮭には、美肌や美容効果もある、スーパー抗酸化成分“アスタキサンチン”が含まれているます。
美味しいさと一緒に、美しさも手に入れてしましょう!

(3)さば缶のさっぱりキャベツ蒸し

大人気のさば缶は、お肉の代用として、たいていのレシピに使うことができます。

この、キャベツ蒸しは、ざく切りしたキャベツに、鶏ガラスープとさば缶の汁を加えて煮て、仕上げに鯖を加えるだけの簡単レシピ。

お好みで、ごま油や山椒や、七味でピリリとさせても美味しいです。

(4)ぶり大根

無印のぶり缶は、お刺身の切り落としを使った、うまみたっぷりの一品。
缶詰を使えば、生身のお魚だとめんどうな下処理もなしで作ることができます。

缶詰の煮汁と大根、それに醤油、みりん、しょうがを入れて弱火で煮込んで、最後にぶりを入れたら出来上がり。

切り身なので、ほぐれた身がだいこんに絡みやすく、ジューシーな味わいを堪能できますよ。


いかがでしたが?
無印の缶詰は全6種類が発売されています。
現在は、非常事態宣言発令で営業していない店舗もありますが、公式サイトで通販もできますので、ぜひ使ってみてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6