実は間違ってるかも…?!「マスクの正しい洗い方」が知りたい!

実は間違ってるかも…?!「マスクの正しい洗い方」が知りたい!

最近マスク洗いが日課になっている方も少なくないのではないでしょうか。
でもそのマスクの洗い方、本当に合っているか自信ありますか?
今回はマスクの正しい洗い方をご紹介していきます!

もしかしたらそのマスクの洗い方、間違っているかもしれません。
これを機にマスクの洗い方を一緒に見直していきましょう。

まずは洗剤を入れてつけ置き

用意するものは衣類洗剤と塩素漂白剤、清潔なタオル。
漂白剤を使用すると手が荒れてしまうのとウイルスに手を触れないよう、手袋も忘れずに使うようにしましょう。

まずオケにためた水に衣類洗剤を容量分しっかり溶かし、マスクを入れます。
10分ほどつけ置きしたら水道水を入れながら軽く押し洗いします。

洗い方の注意点

ここでのポイントはゴシゴシとモミ洗いしないこと。
しっかり洗いたい気持ちはありますがモミ洗いすることでマスクの繊維が壊れて、マスクとしての機能が失われてしまうんです。

また洗った水の中にもウイルスが生存している可能性も考えられます。
周りに跳ねないよう、丁寧に捨ててください。
この後やさしくすすいだら一旦マスクの水分は軽く切っておきましょう。

塩素漂白剤につけ置き

そして塩素漂白剤を水1リットルに15ミリリットルを基準に溶かし、また10分間つけ置きします。

10分過ぎたら、たっぷりの水道水ですすぎましょう。
しっかりすすげるように2回ほど行うのがポイントです。

タオルにはさんで自然乾燥

あとはすすいだマスクをキレイなタオルにはさんで水分をとります。
日干しではなく、陰干しで自然乾燥すれば完了です。

マスクを洗うときは一人分ずつ、そして洗った後は必ず手を洗うことも忘れないようにしてくださいね。

ウイルスを洗い流しやすく密閉して処理できる二タつきのオケを使うのもいいでしょう。
作業を通してマスクについたウイルスを意識して十分注意することも大切です。


正しいマスクの洗い方、みなさんはきちんとできていましたか?
きちんと抜かりなくマスクを洗って感染予防に役立てていきましょう!

経済産業省「布マスクをご利用のみなさまへ」参照

(liBae編集部)

 


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6