「おっさん…?」と男性がドン引きするルームウェアの着こなし

「おっさん…?」と男性がドン引きするルームウェアの着こなし

大好きな彼氏とのお泊りデート、どうせなら可愛いルームウェアを着たいと思いますよね。
しかし、良かれと思ったルームウェアも「ダサい」とイマイチな反応をもらうこともあるので注意です。
そんな今回は、男性がドン引きするルームウェアの着こなしについてご紹介いたします。

(1)ピタT

男性がビックリする部屋着の1つが「ピタT」です。
ピタTを着ていると、男性からは「くつろげるの?」と思う人が多いようです。

自分が着心地が良くても、周囲からみると「ん?」となりがち。
体系も出やすいので、ゆったりした部屋着でふわっと感を出すのが、男性モテを意識するならオススメですよ。

(2)学生時代のジャージ

気合が入っていない印象を感じる「学生時代のジャージ」です。
破れているなら「使い込んでいる」察し感もあります。

胸部分に、フルネームで名前が書いているのも「ダサい」とイマイチな印象を持たれがち。
ものを大切にする子を通り越して、いつまで着るつもりなのかなと、軽く引かれることがあるので注意です。

(3)チェック柄パジャマ

子どもっぽい印象を与える「チェック柄パジャマ」です。
清楚感を通り越して、幼すぎる印象を覚えます。

青なら小学生感がありながら、ピンクの場合、逆にご婦人が着る印象を覚えることに……。
色気が感じられないところも、マイナスポイントにうつります。

(4)真っ赤なパジャマ

派手すぎる「真っ赤なパジャマ」です。
艶めく色気を通り越して「肉食系」なイメージを持たれがち。

眩しい印象も感じて、直視できないこともあります。

胸元が空いた服、ちらりと太ももが見えるデザインなら、露骨な誘っているアピールも抱きます。
真っ赤なパジャマは、かえって「グイグイ来られてる感じが嫌」と男性から思われやすいです。


セクシーな色気を出しすぎるパジャマも露骨すぎて、男性からしたらマイナスな印象を抱かれがち。
ルームウェアひとつで、二人の間に微妙な空気感も出ます。
ぜひ、男性がドン引きするルームウェアの着こなしには気をつけていきましょう。

(liBae編集部)