その流行終わってます…!街で見かけたらドン引く「時代遅れアイテム」4選

その流行終わってます…!街で見かけたらドン引く「時代遅れアイテム」4選

トレンドの移り変わりって早いですよね。
そのため、定期的にしっかりチェックしておかないと、流行が終わってもアイテムを使い続けることもあり得ます。
そこで今回は、今街で見かけたらドン引く時代遅れアイテムをチェックしていきましょう。

(1)ペプラムデザインアイテム

ペプラムデザインのトップスやワンピースの流行は数年前。
そのため、ペプラムデザインアイテムを今着ると、どうしても時代遅れ感が出ます。

いくら可愛くて体型カバーも叶える便利なアイテムだとしても、トレンドから外れていればダサい印象は否めません。
時代遅れと思われたくないなら、ペプラムデザインアイテムは着ないように注意してください。

(2)花柄ガウン

総花柄のガウンは、春らしくて可愛いですが、残念ながら流行からは外れます。
男ウケも悪く、「なんかダサい……」と感じる男性が多いようです。

流行も男ウケからも外れている花柄ガウンは、今のコーデに取り入れるのはおすすめできません。

(3)ミニスカート・パンツ

ミニスカートやミニ丈のパンツの流行も、もはや過去のもの。
今の主流は、ミモレ丈やロング丈のスカート・パンツです。

実際、ミニ丈のスカートやパンツを履いている人を見かけることは、今ではごく稀ですよね。
ミニスカート・パンツは、ワードローブから外しても問題ないと考えられます。

(4)ロングブーツ

時代遅れのシューズといえば、ロングブーツ。

ここ数年で、ロングブーツを投入したファッションを見かける機会は激減しました。
お気に入りのロングブーツを持っている人でも、今実際にコーデに合わせてみると、しっくりこないのではないでしょうか。

ロングブーツを履くと時代遅れを感じさせる可能性大なので、コーデに投入するのは避けたほうが無難です。


時代遅れアイテムは、パッと見でダサい印象を与える原因になります。
おしゃれを楽しみたいなら、流行をチェックしてアイテムを使い分けることが必要です。
今回の記事を参考に、時代遅れアイテムをコーデに投入しないように注意してみてください。

(liBae編集部)