正直ダサイ!3月着てたら季節外れなNGコーデ4選

正直ダサイ!3月着てたら季節外れなNGコーデ4選

3月には、冬から春のコーデにシフト完了しているのがマスト!
冬の名残を感じさせるコーデを3月になっても着ていると、印象がダウンする可能性大です。
今回は、3月に着てたら季節外れなNGコーデをご紹介します。

(1)ダークな足元

黒タイツに黒シューズといった組み合わせで、冬を過ごした人も多いのではないでしょうか。
冬だとしっくりきた組み合わせも、春には重すぎておしゃれ度ダウンの原因になります。

3月に入ったら軽やかさを意識して、シューズは春らしい印象のものを、タイツはニュアンスカラーをチョイスするのがおすすめです。

(2)セーター×厚手のコート

3月になっても寒さを感じる日は続きますよね。
だからといってセータと厚手のコートを組み合わせて着ていると、季節感ゼロでダサく見えます。

3月に入っても寒い日は、「パーカー×スプリングコート」や「タートルネック×春シャツ」など、防寒と季節感を両立できる着こなしでキメましょう。

(3)秋冬を感じさせる配色コーデ

「黒×グレー」「ボルドー×モノトーン」など、秋冬を感じさせる配色のコーデは3月にはNG。
秋冬感が強くなるので、季節外れな印象になります。

3月はホワイトやパステルカラーなど、春らしいカラーをメインにするとおしゃれ度アップ。
秋冬カラーは、コーデのアクセントとしてさりげなく使うのが正解です。

(4)冬のアイテムを取り入れたコーデ

ファーアイテムやイヤーマフラーなど、冬本番にマストなアイテムを取り入れたコーデも、季節外れなNGコーデです。

春でも寒いからといって、1点でも冬ならではのアイテムを投入すると、季節外れ感は否めません。
3月の防寒対策は冬アイテムに頼らずに、レイヤードコーデや春らしい素材のストールなどを選んで乗りきりましょう。


季節外れのコーデは、ダサい印象を与える可能性大です。
3月は、冬から春のコーデに上手くシフトするのがおしゃれのポイント。
今回の記事を参考にして、3月のコーデを見直してみてください。

(liBae編集部)

2020年3月の情報です