もう無理だって…アラサー女子が着ると「若作り」認定されるNGファッション4選

もう無理だって…アラサー女子が着ると「若作り」認定されるNGファッション4選

年齢とともに身につけるファッションは変わってくるもの。
しかし、中には周りが引いているとは知らずに、年齢に見合っていない服に身を包む女子もいます。
今回は、アラサー女子が着ると「若作り」認定されるNGファッションをご紹介します。

(1)レース・フリル盛りだくさんのガーリーコーデ

レースやフリルを盛りだくさんに使用したガーリーコーデは、アラサー女子なら避けたほうが無難。

大人っぽくレースをあしらったり、控えめにフリルがデザインされていたりするアイテムなら、コーデに取り入れても大人かわいく決まります。
しかし、レースやフリルの主張が強いコーデは、アラサー女子にはどうしても不釣り合いです。

若作りしていると疑われたくないなら、アラサーのみなさんはレースやフリル盛りだくさんのガーリーコーデから卒業することをおすすめします。

(2)ミニスカ×ぴったりトップスなどの露出過多コーデ

ミニスカ×ぴったりトップスなどの露出過多コーデも、若作りと認定されるNGファッションです。
いい大人なら、過度な露出は下品だと知っています。

また、アラサー女子の過度な露出は「イタイ…」と思われる可能性大。
適度な肌見せを心得ているのが、アラサーの魅力です。

(3)年齢にあっていないブランドの着用

若作り認定確実なのが、年齢にあっていないブランドの着用。
どう見てもアラサーなのに、10台・20台の若者向けブランドの服を着こなす…こんな女子に周りはドン引きします。

いくらデザインが自分好みであっても、アラサーという自覚があるなら、年齢に不釣り合いのブランド服は身につけないのが正解です。

(4)キャラもの全開アイテム

キャラもの全開のアイテムを身につけるのも、アラサー女子なら卒業するべきです。

キャラものTシャツをコーデのメインにしたり、スマホやカバンにじゃらじゃら付けたりなど、キャラクターを身につけるとどうしても子どもっぽい印象になりがち。
そのため、アラサー女子のキャラものは、「若作りしている」と誤解を招く原因になる可能性があります。

アラサーになったら、キャラものを楽しむのは身につける以外の方法を考えるのがおすすめです。


アラサー女子なら、年齢に見合ったファッションをするべきです!
年齢無視のファッションは若作りに必死感がどうしても出るので、周りからドン引きされる場合があります。
イタイと思われたくないアラサー女子は、今回ご紹介したNGファッションをしないように注意してくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6