奥二重さんはコレやっちゃダメ!目が小さく見えちゃうNGアイメイク4つ

奥二重さんはコレやっちゃダメ!目が小さく見えちゃうNGアイメイク4つ

まぶたが一重の人・二重の人ともメイクの方法が変わってくるのが、奥二重の人の特徴です。
そんな奥二重の人が、瞳を大きく見せるためのメイクをしたらむしろ目が小さく見えてしまったということはありませんか?

今回は、奥二重の人のNGアイメイクと改善点を4つご紹介していきます。

(1)アイラインを太く引く

瞳の印象を強調させようとして、ついついアイラインを太く・濃く引いてしまっていませんか?
奥二重の人は一重の人とも違い、目を開いたときにアイラインが目立ちがちです。

そのため、目の縦幅と同じくらいに太いアイラインを入れてしまうと、遠くから見ても不自然なほど目立ってしまいます。

これでは、瞳を大きく見せるためには逆効果です。
奥二重の人は濃くはっきりしたアイラインを引くよりも、まつげの隙間を埋めるように丁寧なアイラインを入れた方が効果的です。

(2)ラメが多いパール系アイシャドウ

キラキラしたラメが可愛らしいパール系のアイシャドウは、ぜひメイクに取り入れたいアイテムです。
しかし、奥二重の人がまぶた全体に塗ってしまうと膨らんだように腫れぼったく、瞳が小さく見えてしまいがち。

なので、奥二重の人はマット系のアイシャドウ、またはラメが小さめのアイシャドウを塗るのがおすすめです。

ざっくり大粒なラメをアイメイクで楽しみたい場合には、目尻やまぶたの中央などワンポイントに使いましょう。
そうすることで、腫れぼったさを感じさせず、まぶたに立体感を生み出せます。

(3)盛りすぎな涙袋メイク

瞳の縦幅を大きく見せるにはうってつけの「涙袋メイク」も、あまりにやりすぎると「メイクしてます」感が出て不自然な仕上がりになってしまいます。
奥二重の人の涙袋メイクは、ほどよく下まぶたにハイライトを塗った後、影を付けるようにブラウンのシャドウを塗ると効果的。

パウダーアイシャドウよりもクリームアイシャドウなどを使うと、より密着感がアップして自然な涙袋に仕上がります。

(4)二重幅いっぱいに締め色のアイシャドウを塗る

アイメイクをしていると、アイシャドウをより目立たせようと二重の幅いっぱいに乗せていませんか?
より瞳の印象を強くするために、濃く塗り重ねてしまうこともありますよね。
ですが、それは逆効果です。

目を閉じてメイクしているときは綺麗に見えても、目を開いたとき、二重の幅が濃い色で引き締まりすぎて目が小さく見えてしまいます。

奥二重の人は、ハイライトカラーをアイホール全体に乗せた後、季節に合わせた明るめなカラーを二重幅に乗せるのがおすすめ。

濃い色を使いたい場合には、縦のグラデージョンではなく、目尻に行くほど色が濃くなるような横のグラデーションを意識しましょう。
濃い色を使いながらも引き締まりすぎることなく、グラデーションも綺麗に見せることができます。


自分の好きなコスメを使いたいけれど、瞳も大きく見せたい。
どちらも叶えたいのが本音ですよね。
そのためにも、NGメイクにならないようポイントを抑えながら、上手にメイクしていきましょう。

(liBae編集部)