それ、ダサいって気付いてる…?残念に見えるやりがちNGヘアスタイリング

それ、ダサいって気付いてる…?残念に見えるやりがちNGヘアスタイリング

「よし、きまった!」とあなたが感じても、実は周りから「ダサくない?」と思われていることも。
特に一つ結びの場合は要注意!
そこで今回は、やりがちなNGヘアスタイリングをご紹介します。

(1)優等生すぎる一つ結び

近年のトレンドは、ラフさやこなれ感です。
そのため、後れ毛やふわっと感のないキュッとした一つ結びは「ダサい」と思われてしまうことも。

予防するには、ひし形を意識してシルエットを整えることが大切です。
トップやサイドの毛を引き出し、ふわっとなるようにスタイリングしましょう。

鏡で横や後ろの形を整えるのもポイントです。

(2)前髪が固定されていない

色気を出したり、大人っぽい印象にしたりするのに効果的な前髪かきあげ。
サッとできるスタイリングで、男女ともに人気の髪型です。

しかし、しっかり前髪がホールドされていないと、ずれ落ちてきてだらしない印象に。
また、何回もそれを直すために前髪を触っていると、「落ち着きがない」、「今つまらないのかな?」と思われてしまうこともあります。

そのため、前髪をかきあげる際は、バームやワックスで毛流れを変えたあと、スプレーで固定するのがおすすめ。

(3)後れ毛がない!

ポニーテールやお団子ヘア。
きちっと結ぶと、幼い印象になりがちです。

そこで大切なのが後れ毛。
こめかみ周りやうなじ部分など、適度に髪を残すのがこなれ感のポイントです。

後れ毛にバームをつけ、毛束感を出すと、大人っぽい印象にも。

(4)ヘアゴムが見えている

近年のトレンドは、あえてヘアゴムを見せないまとめ髪。
髪を巻き付けたり、「くるりんぱ」をしたりして、ヘアゴムを隠しましょう。

ひと手間加えるだけで、おしゃれな印象はグッとアップします。
ぜひ試してみてください。


今回は、やりがちなNGヘアスタイリングをご紹介しました。
これを機に、ヘアアレンジを見直してみても良いかもしれませんね!

(liBae編集部)