まっすぐな愛情表現をする血液型ランキング

まっすぐな愛情表現をする血液型ランキング

愛情表現は、恋愛する2人にとって大切なコミュニケーションです。
2人に差がありすぎると寂しくなったり、逆にちょっとうっとうしくもなったり。
愛情のアピールは、思っている以上に大切です。

今回は、血液型から見える愛情表現の違いを、ランキングでご紹介しましょう。

第1位 O型

「ストレートに愛情表現するタイプ」

思った気持ちを、そのまま言葉にします。
「今日も可愛い(カッコいい)ね」と褒めてくれたり、「会えなくて淋しかったよ」など素直に伝えてくれます。

出会ってから長く経っても、変わらず気持ちを言葉にしてくれます。
朝昼晩、毎日であっても言葉にしてくれるのがO型の愛情表現。
口に出して伝えることに、恥ずかしさはありません。

また、他人に言わない自分の弱みを話すことも、彼(彼女)が特別な存在だからという愛情表現のひとつです。
そしてO型は彼(彼女)が愛情表現を受けとってくれることに安心します。

第2位 B型

「ロマンティックなムードを茶化すタイプ」

B型はロマンティックになったときでも、冗談を言って茶化したりしてしまいます。
裏表がないB型の彼(彼女)の愛情表現は、素直な態度。

実は、本人はロマンティックなムードを茶化しているとは思っていないのです。
嬉しくて楽しい気持ちが、つい茶化すような表現になってしまうだけ。

そんなB型の愛情表現には、出かけたときのお土産や喜びそうなプレゼントを渡すといった何気ないことも多々あります。
B型は駆け引きをせず、素直な気持ちを表現します。

第3位 AB型

「相手の顔が見えなければ大胆に表現できるタイプ」

愛情表現になると、シャイな一面をみせてしまうAB型。
彼(彼女)の目の前では、愛情を表現することがなかなか出来ません。

しかし、LINEなど顔が見えないところでは大胆になれます。
たとえば彼(彼女)の好きなところを、ハートマークをいっぱいつけて伝えたり。

また、自分の時間を削ってでも彼(彼女)に合わすことや、仕事中に連絡をするといったこともAB型の愛情表現の一つです。

第4位 A型

「二人きりのときだけベッタリなタイプ」

二人の個人的なことまで周囲に知られたくないという考えのA型。
他人がいるときは冷たい態度をとりますが、二人きりになるとベッタリ。
自分の気持ちは、二人のときにだけ見せたいタイプです。

A型は恥ずかしがり屋な性格なので、愛情表現が苦手というだけです。
本音としては普段の態度で気持ちを分かってほしいので、「好き」という言葉を口にすることもめったにしません。

なので、愛情表現は甘い言葉ではなく、まめに連絡をとることなどの行動が多いです。


「好き」の代わりに「ありがとう」と言うことや、何も文句を言わないことも愛情表現のひとつですよね。
まっすぐな愛情表現が恥ずかしくて出来ない人も、一生懸命に愛を伝えようとしています。
この記事を参考にして、彼(彼女)からの愛情をもっと受け取れるようにしてみてくださいね。

(文/占いライター・flowerkt)