残念すぎ…!美眉のプロが教える「NG眉マスカラ」4つ

残念すぎ…!美眉のプロが教える「NG眉マスカラ」4つ

せっかくの気合も入れたメイクも、眉毛がイマイチなら、バッチリ決まって見えないもの……。
実は、眉を整えるとき、絶対にやってはいけないNGテクニックがあったのです。
そんな今回は、気をつけたい、眉マスカラを綺麗に見せるコツについて、ご紹介いたします。

(1)眉毛を片方ずつ描く

やりがちの方多め!
片方の眉毛を描き終えたあと、もう片方の眉毛に一から取り掛かってはいませんか?

実はNG方法、眉毛のバランスを悪く見せるテクニックです。

どんなに完璧に仕上げたつもりでも、左右で歪みが出やすいです。
鏡を見ながら、右と左、眉毛を少しずつ描き足してくださいね。

(2)全ての眉毛が同じ濃さ

眉頭から眉尻まで、全て同じ濃さで眉毛を整えてはいないですか?
実は、同じ濃さの眉毛に仕上げるテクニックも、野暮ったくみえます。

表情もどこか重たい感じに……。

眉頭は「やや薄め」に仕上げること、眉尻にかけて「濃いめ」の色合いを意識してください。
眉毛を描くとき、真ん中部分から眉尻にかけて移動させるのもコツです。

(3)一つの道具しか使わない

「眉毛って誰も見てないし、気合い入れる部分じゃないから……」
眉毛を描くとき、一つのメイクアイテムを使って仕上げてませんか?

ペンシル+パウダーを組み合わせて、「薄く→濃く」描くのがベストです。

アイシャドウを使って仕上げる方は、薄めのカラーから手にとりましょう。
はみ出した部分は、コンシーラーを使って隠すと完璧ですね。

(4)明るいカラーにしている

茶髪の方は、眉毛もブラウン系のもので仕上げたいと思いますよね。
しかし、明るめカラーで眉毛を仕上げる方法は、全体から浮いて見えることがあるので注意!

髪の色と似ているカラーを採用するより、落ち着いたカラーで仕上げた方が綺麗に見えます。


「よし完璧」と思っている眉メイクも、実は残念な印象に仕上がっていることがあります。
紹介したテクニックを参考にすることで、より一層高見えする雰囲気メイクに仕上げられます。
ぜひ「眉マスカラNG」テクニックに気をつけた上で、日々のメイクを可愛く見せていきましょう。

(liBae編集部)