アイシャドウの塗り方ひとつで目が小さく…「NGな塗り方」4選

アイシャドウの塗り方ひとつで目が小さく…「NGな塗り方」4選

少しでも目を大きく見せたいからと、アイメイクはついつい気合いが入りがち。
でも、そのアイメイク良いと思っているのは自分だけかもしれません。
今っぽい、正しいアイシャドウの塗り方を覚えれば瞳が魅力的な美人に近づけますよ♡

濃いカラーの囲みメイク

濃いカラーは目元を引き締め、小さく見せてしまいます。
ナチュラルなのに目を大きく見せる、肌の色に近いオレンジベージュの淡いカラーをチョイスしましょう。
根本を囲むことで膨張して見えるので自然と目を大きく見せることができますよ。

また、ザクザクのラメ入りアイシャドーではなく微細なパール入りのアイシャドーを選ぶと今っぽく仕上がります。

下まぶたや目尻に締め色を入れる

下まぶたや目尻には締め色を塗りがちになっていませんか?
締め色を塗ることで、時間が経過したときにクマに見えたり顔色が悪く見えるマイナスな効果が。
下まぶたには締め色を使わないのが正解!

また、目尻にはナチュラルブラウンやボルドーのアイライナーを足すと華やかな目元になりますよ。

二重幅までしか塗っていない

アイシャドウは二重幅まで!というルールをメイク本やネットで見てそれを真似した塗り方はもう古いんです。
二重幅より2倍の広さで塗ると、目を開けたときにアイシャドウの色がしっかり見えます。

アーモンド型のように丸い形を意識して塗ると伏し目にしたときも綺麗ですよ。

アイシャドウチップで塗っている

アイシャドウは塗った境目がわからないような、ぼかしテクニックが必要です。
しかし、アイシャドウチップだとベタッとついてしまうため不器用な人は使いこなせません。
ぼかしにはアイシャドウブラシが便利!

目のキワからワイパーのように左右にブラシを動かすことで綺麗なアイメイクが完成しますよ。


いかがでしたか?
アイシャドウの塗り方次第で、好印象かどうか決まってしまうほどメイクの中では重要なポイント!
今までの勘違いアイメイクから卒業して、清潔のあるナチュラルなデカ目を手に入れましょう。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6