顔は可愛いのに…!「老け見えしちゃうヘアスタイル」4選

顔は可愛いのに…!「老け見えしちゃうヘアスタイル」4選

いくら顔が可愛くても、ヘアスタイルが残念だともったいないです。
今回は、老け見えしちゃうヘアスタイルを4つご紹介します。
ぜひ参考にして、可愛いヘアスタイルができるようになりましょう。

(1)ヘアバンドには注意しよう

ヘアバンドは、使い方によっては可愛くなるのですが、実は注意が必要。
取り入れ方によっては、老けて見えてしまうので危険なのです。
特に、ニットや大きなリボンのついたヘアバンドは、おばさん臭さを出してしまいます。

ヘアバンドをする場合は、できるだけシンプルなデザインを選ぶようにしましょう。
そうすると、老けて見えるのを避け、可愛い印象を与えられます。

(2)艶のないロングヘアーにはご用心

ロングヘアーは、女性らしい印象を与えてくれるので便利です。
ただ、艶がないロングヘアーは、たちまち老けた印象を与えてしまいます。
ロングヘアーを維持する場合は、艶感を出せるようにした方がいいでしょう。

また、ロングヘアーにはボリューム感も大切です。
根元にボリュームを持たせて、全体的にふわっとした形にするのがおすすめ。

(3)高い位置でのポニーテールにも注意

髪が長くなると、ポニーテールにして過ごす方も多いでしょう。
ただ、ポニーテールは結ぶ位置が重要になってきます。
高い位置で結びキレイにまとまるのは、若い時だけです。

大人女子ならば、高すぎず低すぎずの位置で結ぶようにするといいでしょう。
おすすめは、ポニーテールの位置が耳くらいの高さにすることです。

(4)明るすぎるヘアカラーは止めよう

明るい色合いのヘアカラーは、若々しい印象を与えてくれます。
しかし、あまりにも明るすぎるヘアカラーはNGです。
一歩間違えると、ヤンキー風のおばさんになってしまいます。

ヘアカラーを取り入れる場合は、適度な明るさを選ぶようにしましょう。
こうすると、くすみや皺を目立たなくさせる効果があります。


いかがでしたか?
今回は、老け見えしてしまうヘアスタイルを4つ紹介しました。
ポイントを守って、素敵なヘアスタイルを目指してくださいね。

(liBae編集部)