可愛さ半減…!意外とやちがちおブスメイク4つ

可愛さ半減…!意外とやちがちおブスメイク4つ

毎日するのが当たり前のメイク。
どうせするなら、可愛くみせたいけれどその方法間違っているかも?
今回は、すっぴんよりもブスに見えちゃう勘違いメイクを4つご紹介します。

あなたのメイクは、大丈夫ですか?

(1)ファンデをムラなく塗る

肌のトーンを均一に整えて、肌を美しくみせるファンデ。
でも、使い方によってはおブスに見えちゃうんです。

その原因は、フェイスラインぎりぎりまでムラなく塗っていること。

顔全体をきれいに魅せたいからムラなく塗らないと…そう思っていませんか?
実はファンデをムラなく塗ると、のっぺりした印象になるんです。

また、メイクが濃く見られてしまうことも。

メイクをナチュラルに仕上げるなら、フェイスラインには塗らないようにしましょう。
顔のパーツが収まる部分のみに薄くのばすようにするのがおすすめです。

(2)アイシャドウは濃いグラデ

ここ数年、単色シャドウが主流メイクになっています。
もちろん、グラデも王道なのですが濃すぎるとやぼったく見えてしまうことも。

また、目元がけばけばしい印象になってしまうのも避けたいですよね。

アイシャドウを塗るときに気をつけたいのは、抜け感。

なるべく締め色以外のカラーを使ってふんわりと見せるようにしましょう。
または、アイライン代わりに締め色シャドウを使うのもおすすめですよ。

(3)コンシーラーで肌悩みをしっかりカバー

寝不足でできたくまを隠したくて、コンシーラーを厚塗り…ありがちメイクではないでしょうか?
コンシーラーを厚塗りすると、目の下のしわが目立ってしまう原因にもなります。

厚塗り感がでがちなコンシーラーは、薄めにつけるのがポイント。

あえてそばかすやくまはうっすら残してスキを見せるのも、男性ウケのいいナチュラル肌メイクですよ。

(4)流行りのリップを取り入れる

流行りのリップを取り入れることは、もちろん悪いことではありません。
しかし、トレンドは変わりやすいもの。

リップはコスメの中でも似合うカラーが左右されやすい場所です。
流行りのリップを取り入れたばかりに、おブスメイクになっちゃうことも。

リップは、自分のパーソナルカラーにあわせるのがおすすめ。
イエベなら朱赤系、ブルべならベリー系カラーなどだと肌馴染みが良いですよ。


おブスメイクになりがちなポイント、当たり前のようにやってしまうこともありますよね。
その当たり前で可愛さが半減しちゃうなんてもったいない!
少しだけメイクを見直して、メイク上手を目指しましょう。

(liBae編集部)