化粧してもパッとしない…。何故か垢抜けない「やりがちNGメイク」

化粧してもパッとしない…。何故か垢抜けない「やりがちNGメイク」

トレンドの要素も取り入れているのに、メイクがなんとなくパッとしない……。
それはもしかしたら、合っていないメイクになっているからかもしれません。
大人女子が外してはいけないポイントをつかんで、きれいに見えるメイクを目指しましょう♡

この記事では、垢抜けメイクのポイントを4つ紹介します。

(1)太眉メイクは薄めに仕上げる

トレンド傾向は太眉ですが、濃い色でアーチ型にしてしまうともっさりとした印象になってしまいます。
明るめの色の眉マスカラを使い、眉の存在感を和らげると良いでしょう。

目の周りのたるみが気になるという方は、眉尻を上げ気味に描くことをおすすめします。

(2)囲み目メイクはやりすぎに注意!

強めな印象が魅力の囲み目メイクは、リキッドアイライナーでしっかりと太ラインを引いてしまうのはNG!
ケバく見えてしまう上、古臭さも出てしまう原因になってしまいます。

ふんわりと仕上げることを意識して、アイライナーの代わりにアイシャドウの一番濃い色で囲んでみましょう。
目尻は、丸く仕上げるようにするのがポイントです。

(3)リップはツヤ感やカラーを選んで老け見え防止!

マットタイプのリップは唇のしわを目立たせてしまい、老け顔に見えてしまうかも。
ツヤ感のあるリップを使い、プルンとした唇に仕上げましょう。

濃いめのルージュを使うとケバく見えがちになってしまうので、ワントーン落として肌色に馴染むものを選ぶのが正解です。

(4)ベースメイクは厚塗りしない

ベースを作るときにお肌のネガを隠そうと厚塗りしてしまうと、老け見えの原因になってしまいます。
メイク前に保湿をしっかりと行って、ツヤ感のある肌を目指しましょう。

パウダリーファンデーションよりも、クリームやリキッドタイプのファンデーションの方がツヤ感を作りやすいかもしれません。


メイクのときはちょっとしたことに気をつけるだけで、もっさり感を回避することができます。
トレンドを意識しつつ、生き生きと見えるメイクを心がけましょう。
自分に合うメイクを心がけることが、きれい度を高めるポイントです♡

(liBae編集部)