【大人の常識】言えても読めない人続出…!「強ち」はなんて読む?

【大人の常識】言えても読めない人続出…!「強ち」はなんて読む?

皆さんは、漢字の読み書きに自信がありますか?
「強ち」ってなんて読むのか、どういう意味があるのでしょうか。

(1)「強ち」の読み方

「強ち」って難しい漢字ではないですが、意外と読めない人が続出。
一般的にもよく耳にする言葉なんですよ。
「強ち」は「あながち」と読むんです。

「あながち○○でない」という形で使われることが多いですね。
何気なく使っている言葉でも、意外と意味や漢字を知らない場合も多いです。

(2)「強ち」の意味

「あながち」=「一方的に物事を否定できないさま」です。
物事をハッキリと判断できない、一概に決められない事を言います。
相手の言葉をやんわりと否定するときや、肯定するときに使います。

「あながち」は、目上の人に対して使うと失礼になりますので、注意しましょう。


大人の常識として、「強ち」の読み方は知っておくべきでしょう。
自分で使う際も、正しい使い方を心がけると良いですね。

(liBae編集部)