トレンド=モテじゃない!男ウケ狙うならこれは控えて。NGメイク4選

トレンド=モテじゃない!男ウケ狙うならこれは控えて。NGメイク4選

トレンドメイクだと思っていたものも、男性からしてみれば良い印象を抱きにくいメイクもあります。
一体どのようなメイクだと、男性ウケが悪いのでしょうか。

そんな今回は、印象が悪くなってしまう、できれば避けたいNGメイクについてご紹介いたします。

(1)とにかく太すぎる眉毛

これでもかと太く描きすぎている眉毛です。
会話する中でも自然と視線は眉毛の方を向いてしまいます。

仕上がり方によっては「面白い表情」とした感想を持たれてしまうことも。
主張が強すぎる眉毛にならないようにも気をつけていきましょう。

(2)赤々としたリップ

色気があるようにも感じられる、濃い色合いの赤いリップです。
一昔前に流行ったメイク感がするため、敬遠されることが多かったりします。

ガツガツしてそう「肉食系女子」とした、積極的な女性として思われてしまうこともあります。
薄いピンクなど、控えめな色合いのリップを付けるように心がけていきましょう。

(3)個性的なカラーのアイシャドウ

黄色、青、緑など、奇抜と感じるカラーのアイシャドウです。
馴染みにくい色合いに感じられることも多く「怖い」という印象を持たれることがあります。

場合によっては、同性ウケも悪いことが。
メジャーですがブラウンカラーのアイシャドウが、やはりモテやすかったりします。

(4)不自然な二重まぶた

アイプチなどで作った、不自然な二重まぶたです。
朝の忙しい時間にメイクをするなら、綺麗な二重まぶたにならないこともあるでしょう。

ぐちゃぐちゃ感がある二重まぶたは、不潔な印象を相手に与えやすいです。
また、二重の幅を大きく取ろうとし過ぎても失敗することがあります。

欲張りすぎず、自分にぴったりな幅で、アイプチを行うようにしましょう。


いかがでしたか?
男性ウケが悪いメイクは、自然とマイナスな印象を持たれてしまうので注意したいところです。

NGメイクに気をつけた上で、ぜひ、自分の好きなメイクを行ってみてくださいね。

(liBae編集部)