実は老け見え…+5歳に見える2020冬の「要注意NGアウター」4選

実は老け見え…+5歳に見える2020冬の「要注意NGアウター」4選

毎日アウターの欠かせない季節、実はそのアウターで老け見えしてしまっているかもしれません。
今回は2020年冬の「NGアウター」を大特集。
今年避けるべきアウター4選をチェックしていきましょう!

(1)ライダースジャケット

長い期間楽しめるアウター、ライダースジャケットも「NGアウター」の仲間入り。
キレイ目のデザインや淡い色味のライダースジャケットはセーフですが、甘辛ミックスで活躍していたブラックカラーのタイトなデザインは時代遅れ認定必須です。

いまのトレンドは軽さやボリューム感。

残念ながら2020年冬には避けたほうがいいアウターのひとつとなっています。

(2)ムートンコート

ボリューム感のあるムートンコートも「NGアウター」のひとつ。
コーデとの相性もよく、使い勝手もバツグンのアウターではありますが、もこもこ感あるデザインや濃いブラウンカラーは一昔前のトレンド。

古臭さと共に老け見えにも繋がる要注意アウターです。

2020年、ムートンコートを着こなすなら、カラーとデザインがシンプルでキレイ目なものをチョイスすることをおすすめします。

(3)ダウンジャケット

注意が必要なのはダウンジャケット。
もはや冬の定番アウターでもありますがダウンジャケットにもNGポイントが潜んでいるんです。

こちらのポイントもボリューム感と軽さ。
どちらも不足しているダウンジャケットは老け見え一直線。
ウエストマークで裾が広がったロングダウンも老け見えを加速させてしまいます。

2020年はボリューム感と大きめシルエットをおしゃれに楽しむのが◎。

(4)マキシ丈ロングコート

最後の「NGアウター」は長め丈で暖かさも兼ね備えたマキシ丈ロングコート。
いまのトレンドからは大きく外れてしまって、着こなしによっては老け見えも避けられないアウターとなっています。

2020年はもっと軽さを意識したアウターをチョイスするのが正解です。


意外な定番アウターも老け見えにつながってしまうなんて注意が必要ですね。
2020年冬を楽しむためにも「NGアウター」には気をつけましょう!

(liBae編集部)