30過ぎたら気を付けて…!【男性目線】ヤバイと思う女性の服装4つ

30過ぎたら気を付けて…!【男性目線】ヤバイと思う女性の服装4つ

年齢に合わせて、似あう服装と似あわない服装がありますよね。
特に30歳を超えると、自分では大丈夫と思っていても、男性からすると「ヤバイ」と思われてしまう瞬間がチラホラ。
今回は、男性目線でみるとヤバイと思う女性の服装を4つ紹介します。

(1)露出多めアイテム

夏になると、開放的なイメージが広がる為、露出多めのファッションを楽しむ女性が多くなります。
しかしアラサー後期ともなると、露出は年齢に似つかわしくないアイテムと思われても仕方ありません。

痛いと思われてしまう原因にもなりかねないので、シーンを考慮し、行きすぎないように気を付けましょう。

(2)ミニスカート・ひざ上丈のスカート

たとえ美脚の持ち主であっても、気を付けたいのがスカート丈です。
10代や20代の若い世代の方とは比べると、30代以降の女性は肌の衰えが感じらるものです。

似合っている場合もありますが、短い丈のアイテムは痛いと思われがちなのを忘れずに。

脚を強調したいなら、丈が長くてもスリットの入ったアイテムや、スキニーパンツなどで足を魅せることもできますよ。

(3)派手な色のアイテム

アラサー女性の元気に見える蛍光色や、ショッキングピンクなどの派手な色のアイテムは、男性からすると敬遠されがちなものです。

歳を重ねていくと落ち着いた色や、スモーキーなカラーを取り入れたものが多いです。
これらのアイテムに派手な色は合わせにくいので、コーデがしにくいという問題にもなりますね。

どうしても明るい色が好きという方は、ホワイトのカラーを取り入れてみるのはいかがでしょうか

(4)リボン多めアイテム

少女のイメージが強いリボン。
そのリボンを多く使ったアイテムは、アラサー世代にはNGです。

アラサー女子に求められているものは、少女らしさではなく、大人の女性らしさです。
あまりにも女の子女の子したアイテムからは、もう卒業するべきでしょうね。

どうしてもリボンアイテムを使いたい時は、少量のリボンをうまくあしらったデザインのものを着こなすようにしましょう。


いかがでしたか?
アラサー以降の世代は、見た目にも変化が現われファッション的にも難しい時期です。
メンズウケを狙うなら、大人っぽいきれいめコーデでがマストです。

男性目線を気にしつつ、この記事を参考にしてファッションを楽しんでくださいね。

(liBae編集部)