モテ女と私のどこが違う?【即マネできる】冬の愛されメイク4選

モテ女と私のどこが違う?【即マネできる】冬の愛されメイク4選

パーティーや忘新年会など、人と触れ合うシーンが増える冬。
モテを意識したメイクでおでかけしたい季節ですよね。
冬のモテメイクテクをご紹介するので、お出かけ先で主役の座を狙ってみましょう。

(1)ピンク系ベースメイクでくすみをオフ

乾燥が強い冬は、肌がくすみやすい季節。
いくらポイントメイクをきれいに決めても、肌がくすんでいては台無しです。

選びたいメイク下地は、肌を明るく整えるピンク系。
即座に気になるくすみを払拭してくれます。

ピンク系ベースは、ナチュラルな肌補正効果により自然な血色感が出るのが◎。
思わず触ってみたくなる、柔らかそうな肌に仕上がりますよ。

(2)ラメが煌めくアイシャドウ

アイメイクのポイントは、チラチラと光るラメアイシャドウ。
シアータイプのアイシャドウを選び、色をのせるというより、ツヤ感をプラスさせましょう。

アイシャドウは色を重ねず、単色使いで上品に仕上げて。
奥行きがある濡れたような目元が、大人な色っぽさを演出してくれます。

アイシャドウ使用前に、目元用ベースを使用するのがきれいに仕上げる秘訣。
メイクのヨレやラメ落ちを防いだり、理想の発色を実現してくれる、頼れるアイテムです。

(3)チークでほんのり血色感

チークは赤みのあるカラーで血色感を出すのがコツ。
レッド系やボルドー系の、ほてったような頬が作れるチークを選びましょう。

冬は、保湿感があるクリームタイプがおすすめ。
パウダーチークでは出せない、みずみずしい頬が作り出せますよ。

肌の内側から色づいたようなチークは色気たっぷり。
男性も思わずグラッとくるかも?

気合を入れてチークをつけすぎると、むしろ子供っぽく見えたり、個性的に見えたりします。
絶妙な塩梅を心がけましょう。

(4)ツヤリップでピュアに仕上げる

リップメイクは、ナチュラルなツヤ系リップでピュアさをアピールするのがポイント。
シアーな発色のレッド系リップを選び、かわいい色気を出しましょう。

「モテ唇」というと、ツヤツヤでセクシーな唇をイメージしがちですが、やりすぎ感があるのでNG。
ツヤ肌+ツヤまぶた+血色チークとモテメイクテクを駆使しているので、リップはあえて抜け感がある仕上がりが正解です。

引き算メイクで、垢抜けたモテ顔を作りましょう。


甘さがあるのにやりすぎ感がないのが、今年の冬のモテメイク。
血色感を意識したモテメイクは、あたたかみがあるのが長所です。
男性ウケはもちろん、女性からも好感度が高いメイクなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

(liBae編集部)