「俺、それ苦手なんだよね…」アラサー女子の勘違いモテコーデ4つ

「俺、それ苦手なんだよね…」アラサー女子の勘違いモテコーデ4つ

年齢によって似合う服は変わってきます。
10代の時にしていたモテコーデは、アラサーになるとダサコーデになっていることも。
そこで今回は、アラサー女子なら避けたいコーデを4つご紹介します。

(1)生足でミニスカート

美脚が自慢でも、アラサーでミニスカートを履いていると「若作りしている」と思われることがあります。
男性の中では、「恥ずかしい」、「似合っていない」といった意見も。
脚の長さを強調したい場合は、タイトなパンツスタイルがおすすめです。

ベーシックな黒やネイビーといったカラーだと、洗練された大人の女性のようなイメージに。

(2)森ガールファッション

数年前に流行した森ガールファッション。
ふわふわした素材や、ナチュラルなカラーが特徴です。
10代のうちはかわいかったかもしれませんが、アラサーで着ていると子どもっぽい印象になってしまいます。

シンプルかつベーシックなアイテムを取り入れることで、大人の魅力を出してみてはいかがでしょうか。

(3)前を閉めたロングダウン

ロングダウンは防寒性が高く、冬本番には大活躍するアイテムですよね。
ですが、着こなしによっては男性ウケしない可能性があります。

寒い日はどうしても前のファスナーを閉めたくなりますが、これはNG。
まるでベンチコートみたいなシルエットになり、太って見えてしまいます。

こういう場合はボタンの上の方だけ閉めたり、ラインのキレイなものを選ぶなどして老け見えを防止しましょう。

(4)露出が多いファッション

背中がざっくり開いたワンピースやオフショルダーも品の良さが大事。
あまりに露出が多いファッションは印象が良くないそうです。
「だらしないイメージ」「何をアピールしたいの?と思う」といった意見も。

アラサーからはモテコーデにも「きちんと感」を取り入れた方が無難かもしれません。


今回は、アラサー女子なら避けたいコーデを4つご紹介しました。
好きなファッションよりも、似合うファッション。
これがモテへの近道です。

参考にして、クローゼットの中身をチェックしてみてはいかがでしょうか。

(liBae編集部)