それはないな…「THEおばさん認定メイク」アラサーNGメイク4選

それはないな…「THEおばさん認定メイク」アラサーNGメイク4選

若いころは自分に似合うメイクを研究しなくても、割とどんなメイクもしっくりなじんでいたという方も多いのではないでしょうか。
でもアラサーになると使う色や塗り方を間違えると、一気にメイクがおばさん臭くなってしまう可能性が!
今回は、アラサーのNGメイクについて4つご紹介します。

(1)がっつりファンデーション

アラサーになるとシワやシミ、くすみなどお肌の悩みが増えてきますよね。
肌トラブルを全部隠してフラットな肌に仕上げたい気持ちはわかりますが、ハイカバーファンデーションを顔全体にべったり塗ってしまうのはNG。

肌トラブルを隠していることがバレバレな厚塗りファンデーションは、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

ファンデーションは、ツヤ系下地と上手に組み合わせて「光でくすみを飛ばす」方法にシフト。
顔全体に塗るのではなく、「美肌ゾーン」と呼ばれる目の下の頬にだけしっかり塗ることを意識して。

気になるクマやシミを隠したいときは、コンシーラーをピンポイントで使ってカバーしましょう。

(2)盛りすぎアイライン

一昔前に流行った囲みアイラインや目尻を跳ね上げるキャットラインは、今では目力を失ったおばさんのように映ってしまう残念なメイク法です。

目力を重視するならアイラインはまぶたの上に引くのではなく、インラインを意識して。
まつ毛の間を埋めるようにしっかりインラインを引くことができれば、自然な目力を手に入れることができます。

目尻のアウトラインも不自然に跳ね上げるのではなく、眉毛のラインや上まぶたの延長線にスッと引くと自然なデカ目に仕上がりますよ。

(3)派手色チーク

血色感が欲しくて、チークを必要以上に広範囲に入れてしまっていませんか?

派手な色のチークを広範囲に使うと、血色感を通り越して不自然で違和感のある仕上がりになってしまいます。
まさに化粧臭いおばさんをイメージさせるNGメイク。

なるべくチークはメイクの最後に、全体のバランスを整えるイメージでふんわりのせてみて。

大きめのブラシを使えば色の調節もしやすく、自然にぼかすことができますよ。

(4)くすみ色のリップ

くすんだピンクやベージュのリップは顔色をくすませやすく、血色感のある明るい印象に近づくのが難しくなってしまうカラー。
かといって発色の良すぎる赤リップをそのまま塗ったり、濃い色のリップをいきなり使ったりするのは考えものです。

どちらのカラーも「おばさんが使っている口紅のイメージ」として定着しているので、若い子ならまだしもアラサーが使ってしまうと、一気におばさん街道まっしぐらです。

リップカラーは、顔全体の印象を左右する重要なポイント。
自然な血色感を引き出してくれるような透明感のあるピンクや、ヘルシーな印象に仕上げてくれるオレンジをチョイスして若々しさをプラスしましょう。


使う色やメイク方法を少し気を付けるだけで、おばさんメイクから脱却することができます。
イタイアラサーにならないためにも、時代に沿ったメイクで自分を素敵に演出してくださいね!

(liBae編集部)