着ぶくれなんて怖くない!【冬のホワイトコーデ】細見え術4選

着ぶくれなんて怖くない!【冬のホワイトコーデ】細見え術4選

冬はホワイトカラーのアイテムを身に着けると季節感が出ますよね。
ただ、ホワイトコーデは「着ぶくれしちゃうんじゃないか……」と気にしている人も多いかと思われます。
確かに、ホワイトコーデは意識しておかないと着ぶくれした印象を与える恐れがあります。

そこで、当記事では冬のホワイトコーデにおける細見え術を4つ紹介します。
着ぶくれしないか不安でホワイトコーデを試せていない人は、ぜひ参考にしてください。

(1)素材選びが重要


ホワイトコーデで細見えさせるためには、素材選びが重要になってきます。
ハリ感のある二重生地など、ハリ感がある素材ですとシルエットがキレイになりますよ。

白ニットなども定番アイテムですが、シルエットに自信がない人は素材選びから始めてみましょう。

(2)ユルシルエットで華奢見え


ホワイトコーデで着ぶくれしないか不安な人は、ユルめのアイテムでシルエットを作りましょう。
ユルシルエットを作ることで、相対的に自分のシルエットがスリムに見えますよ。

ただ、ダボダボすぎるサイズ感が合わないアイテムは逆効果なのでご注意ください。

(3)デコルテ見せで抜け感を


ホワイトコーデで細見せを狙うなら、デコルテ部分の肌露出もおすすめです。
やはり、肌が見えていると全体の印象がスッキリするので、デコルテ部分をチラッと見せてあげましょう。

ただ、肌露出が多すぎると季節感が無くなるため、バランスには注意してください。

(4)縦ラインを意識してキレイめに


ホワイトコーデを着る際には、縦ラインを意識することでキレイな見た目になりますよ。
ホワイトのロングコートなどを着て、縦ラインを強調してあげましょう。

ニットも細い縦ラインが入っていると、一気に細見えしますよ。


当記事では着ぶくれが気になるホワイトコーデの細見え術を4つ紹介しました。
いずれの細見え術も、全体のシルエットの印象が大きく変わるので、ぜひ試してみてください。
ホワイトコーデは季節感を出してくれる良コーデなので、細見え術を使いつつ、ホワイトコーデを取り入れていきましょう。

(liBae編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。