【意外と知らない!?】結婚式に招待された時の「NGマナー服」

【意外と知らない!?】結婚式に招待された時の「NGマナー服」

結婚式に招待された時のNGマナー服を紹介していきます。
失礼のないように、TPOをわきまえた服装をしましょう。
それでは、早速見ていきます。

(1)白系のドレス

結婚式の主役は、当然ですが花嫁さんです。
そして、その花嫁さんが着用するドレスが「白」となっています。
そのため、白系のドレスを着用すると、花嫁さんと被ってしまうのです。

そうならないためにも、結婚式は白のドレスはNGです。
また、薄いピンク、ベージュなども光の加減で白く見える場合もあるので要注意。

(2)露出多めのドレス

結婚式の主役は花嫁さんなので、花嫁さんより目立ってしまう服装はNG。
露出が多いドレスは、花嫁さんより目立ってしまうので控えましょう。

特に、オフショルダーや背中が大きく開いたデザインのドレスは要注意。
このようなデザインのドレスは、花嫁さんのドレスと被りやすくなっています。
シックなタイプのドレスを選ばれるといいでしょう。

(3)アニマル柄、ファーもの

アニマル柄やファーものは結婚式ではNGとなっています。
これは、「殺生=生き物を殺すこと」をイメージさせてしまうためです。
レオパード柄など可愛い柄もありますが、結婚式では着用しないようにしましょう。

但し、フェイクファーなどは、許容されているケースがあります。
心配な場合は、シルクやシフォン素材のドレスを選ばれた方がいいでしょう。

(4)全身黒のスタイル

結婚式では「白」もNGですが、「黒」も注意が必要なのです。
特に全身黒のスタイルは、喪服をイメージさせるために、結婚式ではNG。

結婚式というめでたい場面では、全身黒は問題があるので注意しましょう。
どうしても黒を着用する場合は、ボレロやショールなどで黒以外のものを選ぶと◎
こうすれば、全身黒ではなくなるので、結婚式でも問題ありません。


いかがでしょうか?
今回は結婚式のNG服装マナーを紹介しました。
相手に失礼のないように、しっかりとした服装で臨みましょう。

(liBae編集部)