【気温11度】明日の服装は?ダサくならないオシャレのコツ4つ

【気温11度】明日の服装は?ダサくならないオシャレのコツ4つ

秋から冬にかけての時期になると、最高気温11度なんて日も多いですよね。
最高気温が11度になってくると、防寒対策が必須になってきます。
傍観しつつもダサくならない、オシャレのコツを見ていきましょう。

(1)足元は水が染み込まないものを選ぶ

最高気温が11度の、特に雨の日に気を付けてほしいのが足元。
子の気温で雨が降ると、雨が雪になることもしばしば。

そのため、歩きやすく水が染み込みにくいシューズを選ぶようにしましょう。

ショートブーツを履き始めてもいいですね。

(2)アウターは必須

最高気温11度の日は、アウターは必須アイテム。

厚手のコートを着てしまうと、冬っぽさ100%になってしまいます。
そこでおすすめなのは、薄手の軽いコート。

ジャケットタイプのコートや、グレンチェックコートなどは着やすくおしゃれですよ。

薄手のアウターを持っていない、という方は1枚は持っているといいかもしれませんね。

(3)悩んだらニットワンピース

どうしても服装が決まらない……そんな時は、ニットワンピを着るのもいいですよ。

秋の雰囲気を盛り上げるために、ハイネックのデザインのニットワンピやダークカラーを選ぶのがおすすめです。
ニットワンピは着るだけで、シックで季節感のある装いになるので簡単でいいですよね。

大人っぽい色のものを選べば、甘めのデザインでも大人っぽく決まりますよ。

特に秋~冬にオススメなのはくすみカラー。
くすみピンクなどのニットワンピも、オシャレで女性らしさが演出できます。

(4)気温11度の服装のワンポイント

最高気温が11度の日は、もこもこ素材や防寒はばっちり完璧!じゃなくても大丈夫です。
冬っぽさ全開にならないように注意しましょうね。

そこで、抜け感をワンポイントで作るのがおすすめ。
重すぎないので、冬っぽさが少し抜けますよ。

マフラーや手袋も使い始めてもよい気温ですが、薄手のアウターを合わせて抜け感を作りましょうね。

また、カラーを明るめカラーにすると季節感を意識したおしゃれな服装になりますよ。


最高気温が11度の日には、薄手のアウターがぴったり。
仕事でもプライベートでも、薄手のアウターがあると着こなしがしやすいので1枚は持っているといいですね。
寒くなっても、ダサくならないように意識していきましょう。

(liBae編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。