やりがち…!実は「目が小さく見えてた」奥二重のNGメイク

やりがち…!実は「目が小さく見えてた」奥二重のNGメイク

誰しもが憧れるパッチリ二重に切れ長な印象の一重。
そのどちらでもない奥二重さんならではのアイメイクのお悩みも多々ありますよね。

ちゃんとメイクしても瞼にくっついてうまくいかない、目を大きくはっきり見せたいけど違和感がある……。

そんな奥二重さんのために、今回は奥二重のNGメイクについて解説していきます!
毎日の定番メイクが当てはまっていないか、一緒に確認していきましょう。

太いブラックのアイライン

目を印象づけたいがために太いブラックのアイラインをひいている奥二重さん、これがまずNGメイクにあてはまります。
二重の幅が狭い奥二重さんがアイラインを太く書くと二重が埋もれてしまい、さらにブラックカラーできつさを強調するだけの目元に。

奥二重さんのアイラインは細めのラインをまつ毛の内側に入れるのが正解。
自然なはっきりしたラインを印象づけることができますよ。

カラーもブラウンをチョイスすると女性らしい柔らかさを感じる目元に仕上がります。

囲み目メイク

アイラインの注意点はもうひとつ。
アイラインで目を囲むのも奥二重さんにはNGです。
これこそ目を強調するどころか小さく見せてしまう失敗例の代表。

きっちりラインをひくのではなく、瞳の中心から目尻にかけて長めにラインを入れましょう。
切れ長効果もバツグンで奥二重さんの魅力が際立つセクシーな印象にまとまりますよ。

濃いブラウンアイカラー

ついやりがちなのが、二重の部分にのせてしまう濃いブラウンのアイカラー。
奥二重のせいで奥行が出づらく目の大きさの幅も狭く見えてしまいます。

奥二重さんにこそおすすめしたいのが明るい肌なじみのいいナチュラルなアイカラー。

ぼんやりしたイメージになりそうで避けている奥二重さんも多いナチュラルカラーのほうが、二重の線が目立って涼しげな目元を演出できます。
立体感も出てデカ目効果◎です!

バチバチに盛ったマスカラ

最後は仕上げのアイメイクでのNGポイント。
盛ったマスカラは奥二重さんの大敵といっても過言ではありません。

奥二重さんにはマスカラが瞼にくっついてしまう汚メイクになるリスクも非常に高いからです。

奥二重さんのマスカラのポイントは上まつ毛は全体的にナチュラルに薄塗りで、下まつ毛を整えるように目尻から塗ること。
これでぱっちりした縦長効果が感じられるはず。

涙袋の部分にポイントで明るいアイカラーを入れるのもおすすめですよ。


いかがでしたか?
ついついやりがちなメイク方法ですが、奥二重の特徴をなくすよりは奥二重に映えるメイクを行うのがポイントになりそうです。

ぜひ参考にしてNGメイクを避けて、奥二重の魅力を最大限に引き出しちゃいましょう!

(liBae編集部)