【ローソン・セブン】大人気「バスチー」にひと手間♡オススメ新感覚アレンジ4つ

【ローソン・セブン】大人気「バスチー」にひと手間♡オススメ新感覚アレンジ4つ

コンビニのローソンやセブンイレブンで販売されているバスク風チーズケーキ、通称バスチーに、美味しい食べ方があるって知っていましたか?
そのまま食べても美味しいバスチーですが、アレンジするとまた違った美味しさが楽しめます!

今回は、ローソン・セブンイレブンで大人気の、バスチーおすすめアレンジをご紹介します。

(1)定番になりつつあるアレンジ「凍らせて食べる」

バスチーの食べ方アレンジとして、すでに定番になりつつあるのが、バスチーを凍らせて食べるというものです。

おすすめは、半解凍くらいで食べること!
チーズケーキがシャリシャリとしたアイスのような食感になって、バスチーを新感覚で味わえます。

バスチーをアレンジして食べたいなら、手はじめに凍らせてみることを試してみてください。

(2)塩をかけるとおつまみとしてもOK

「スイーツに塩!?」と衝撃を受けるかもしれませんが、バスチーに塩をかけて食べるのもおすすめです。

バスチーに塩をかければ、ちょっとおしゃれなお酒のおつまみに変身します!
塩キャラメルや塩チョコといった塩スイーツもあるくらいですから、塩バスチーも試してみると病みつきになる可能性大です。

(3)胡椒をかけても美味しい

塩に引き続き衝撃的なアレンジが、バスチーに胡椒をかけて食べるというもの。
馴染みない人には驚きの食べ方ですが、「チーズケーキ+胡椒」は食通の人の間では定番です!

胡椒と共に塩をかけるのもおいしいですよ。
通好みの味を試せるバスチー食べ方アレンジです。

(4)おもてなしにもおすすめ!オードブルアレンジ

さらに手の込んだアレンジを試したいなら、バスチーを使ったオードブルを作ってみてください。

実は、バスチーは生ハムと相性抜群です。
クラッカーの上にバスチーを小さく刻んだもの、生ハム、レモンの薄切りをのせるだけでおしゃれなオードブルの完成!

おもてなしにも、贅沢なおつまみにもぴったりな、バスチーアレンジを楽しんでみてください。


バスチーは、アレンジでもっと楽しめる!
そのまま食べるのに飽きたら、アレンジして新しいおいしさを味わうのがおすすめです。
今回の記事を参考に、バスチーアレンジを試してみてください!

(liBae編集部)

1
2
3
4
5
6