無印にそっくり…!100均やニトリ、カインズで揃うアイテムまとめ

無印にそっくり…!100均やニトリ、カインズで揃うアイテムまとめ

無印良品の商品は、シンプルで使い勝手が良く、何個も揃えたくなるアイテムが揃っています。
でも、近くに無印良品の店舗がなかったり、品切れが続くアイテムは手に入れることが難しかったり……。

そこで今回は100均、ニトリ、カインズでも揃う、無印良品とそっくりなアイテムを4つご紹介します!

カインズホーム シリコーン製盛り付けスプーン

炒める、混ぜる、すくうが一本でまかなえる使い勝手の良さが魅力の、無印良品の「シリコン調理スプーン」は税込590円。
一方、カインズホームの「シリコーン製盛り付けスプーン」は税込398円。

どちらもシリコン製で、見た目もサイズ感もそっくりですが、本体の色が異なります。

無印良品の「シリコン調理スプーン」はブラックですが、カインズホームの「シリコーン製盛り付けスプーン」はダークブラウン。

色以外の見た目は、両社そっくり。
でも、表面の加工に大きな違いがあります。

無印良品の「シリコン調理スプーン」は、表面にザラザラした加工が施されており使用後の油落ちが良いのが特徴。
カインズホームの「シリコーン製盛り付けスプーン」の表面はつるんとしており、やや油落ちが悪く感じます。

料理後の後片付けは、なるべく簡単に済ませたいもの。
お値段のほかにも、日々の負担も考慮に入れて選んでみてくださいね。

ニトリ ビーズソファ大

ビーズソファといえば、通称「人をダメにするソファ」として有名な無印良品の「体にフィットするソファ」ですよね。

中に詰められたマイクロビーズが生み出す独特のやわらかな座り心地と体へのフィット感は、一度座ると二度と立ち上がることができないほど、極上の座り心地。
そんな無印良品の人気ソファに激似だと噂なのが、ニトリの「ビーズソファ大」です。

無印良品の「体にフィットするソファ」と、ニトリの「ビーズソファ大」はどちらもサイズと重さはほぼ同じ。

気になるお値段の違いは、無印良品の「体にフィットするソファ」の本体は税込9990円。
ニトリの「ビーズソファ大」の本体は税込8147円。
ソファ本体だけだと、約2000円の価格差です。

どちらもソファ本体とカバーは別売となっていますので、ご注意ください。

極上の座り心地を得るためには、ソファ本体のほかにもカバーの素材や肌触りの違いにもご注目。
無印良品からもニトリからも、素材も値段も異なる数種類のカバーが販売されています。

インテリアやお好みに合わせて選んでみてくださいね。

ダイソー 積み重ねボックス

メイク道具やカトラリーなどこまごましたものの整理に大活躍するのが、無印良品の「ポリプロピレンメイクボックス」。
シンプルで無駄のないデザインは、サイズ展開も豊富で何個あっても足りないほどです。

そんな「ポリプロピレンメイクボックス」にそっくりなのが、ダイソーの「積み重ねボックス」。
「ポリプロピレンメイクボックス」はサイズにより価格が異なるのですが、「積み重ねボックス」はどれも税込110円!

必要なサイズと相談しながら、ダイソーで揃えられるものは安く抑えて気軽に整理整頓してみてはいかがでしょうか。

セリア ハンギングステンレスピンチ

アイデア次第であらゆるスペースを収納場所として活用することができる、ひっかけて使うクリップ。
特に「吊るす収納」に大活躍するアイテムです。

無印良品のものは「ひっかけるワイヤークリップ」の名前で販売されており、4個入りで税込390円。
セリアでは「ハンギングステンレスピンチ」という名前で販売され、無印良品と同じく4個入りですが当然値段は税込110円です!

サイズは両者ほぼ同じなので、たくさん揃えたいときはセリアを上手に活用してみて!


無印良品の人気商品とそっくりなアイテムをご紹介しました。
数がたくさん必要なものや、近所に無印良品の店舗がなくて気軽に手に入れることがでないアイテムは、100均や量販店を上手に利用してみてくださいね!

(liBae編集部)