【10/27(日)まで!】無料なのに楽しすぎる♡SHIRO体験型新商品イベント|潜入レポート①

【10/27(日)まで!】無料なのに楽しすぎる♡SHIRO体験型新商品イベント|潜入レポート①

フレグランスが大人気のSHIROが、2019年10月24日(木)~10月27日(日)まで、表参道でイベントを開催しています。
9月に大幅なリニューアルを行ったSHIRO。
ラインナップが一新されたことでも大きな話題を呼びましたよね。

今回のイベントは、SHIROから新しく発売される香水「SHIRO PERFUME」の記念イベントです。
12種類の香水をイメージしたスポットをスタンプラリーのようにまわり、ミッションをクリアし、限定グッズがゲットできます。

リニューアルで廃盤になってしまっていた、SHIROのボディコロンも限定復活!
編集部でも話題に上がり、さっそく参加してきました。

スタート地点は廃墟をイメージしたビルの1階

廃墟をイメージしたビル。そこからイベントは始まります。

受付ではイベント申し込み時にもらったQRコードを提示して入ります。

SHIROの歴史や思いを伝えるムービー

イベントの進め方や、SHIROのブランドへの想い。
今回の新ラインで伝えたいメッセージなどが紹介されます。

1分くらいのムービーです。

さっそくスタンプラリーの説明がスタート!

オリジナルノートとトートバッグ(数量限定)をもらい、書いてある地図を見ながら、スポットを目指します。

新発売の香水12種類に合わせ、12個のスポットを巡ります

表参道に点々と出現した12個のスポットをめぐります。

12箇所回るのであれば、一番早くて1時間。
ダンスやアクターとの交流などをしっかり楽しむと、2時間ほどかかるとのことです。

各スポットにはミッションがあり、クリアすると香水の匂い紙がもらえます

12個のスポットには、それぞれ香水をイメージしたブースが設けられており、まるで物語に入ったような感覚を味わえます。

書かれたミッションをクリアし、匂い紙を集めると、最後にプレゼントが!
物語を楽しみながら、自分の好きな香りを探してくださいね。

いくつかの物語と、ミッションをご紹介します。

①#02 真っ赤なドレスを着た女性に話しかけると…

SHIROの本店にて、真っ赤なドレスの女性が化粧品を選んでいます。
ここでは可愛らしい彼女に、勇気をもって「私に似合う化粧品は?」と聞いてみましょう!

あなたにぴったりの化粧品をお茶目に選んでくれますよ。

ここではプラムやラズベリーの甘い香りが楽しめます!

トイレはこのスポットと、最初の受付の場所にしかないので要注意です!
ドリンクサービスもあるので、途中で立ち寄るのがおすすめです。

②#04 木箱を覗いてみると……

アロマと暖炉をイメージしたこちらの香水。
木箱の中身を覗いてみると…

幻想的な世界が広がっています。
これは見てからのお楽しみ!

木の香りに、ココナッツやバニラの甘い匂いが混じります。

③#05 ペンキで落書きする彼女と自撮り!

町中に突然現れたペンキの壁。
カラフルなメイクをした女性と、自撮りのお願いをしましょう。

ベルガモットのフレッシュかつエレガントな香りを楽しめます。

④#08 バーで座る彼女と乾杯

ジンの大人っぽいスモーキーな香りが漂うこちらの空間。
バーに座る彼女と乾杯しましょう。

まるで映画のようなひと時が流れる空間です。

⑤#09 部屋いっぱいに広がるシーツに寝転んで!

ジャスミンやウォーターリリーの爽やかな香りがするこちらの空間は、朝をイメージしたものです。

部屋に敷き詰められたシーツに思いっきり寝転んでみましょう。
靴はしっかり脱いでくださいね。

このほかにも7つのミッションがあります。
ぜひ自分の目と鼻で、香水とその物語を楽しんでくださいね。

SHIROの想い

今回、編集部では株式会社シロの細貝さんにお話を伺いました。

――――今回のイベントは一般ユーザーも参加できる、貴重な新発売イベントですね

はい。一般的に化粧品の新発売イベントって、メディア向けのみの開催だったり、インフルエンサーを集めて開催することが多いのです。
しかし、それだとすこし物足りないと思いまして……一般のお客様にも楽しんでいただけるイベントにしたら、もっと楽しいのではないかということになり、今回のイベント開催となりました。

――――体験型のイベントで、楽しく過ごせました!変わっているイベントと言われませんか?

楽しんでいただけたようでなによりです!
今回のイベントは「香水を作ったときのイメージ」を、そのまま再現しています。

12種類の香水は、SHIROが調香師様に「こういった香りを作ってください」と依頼したものではなく、調香師の方に「一番好きな香りを作ってください」と依頼したものです。

幼少期の思い出の香り、好きな女性のイメージの香り……。
万人受けするような軽やかな香りではなく、濃いイメージがあるからこそ、個性的な香りになりました。

あと、店舗にいって香水を買うときって、香水のにおいで好き嫌いを判断しますよね。
今回のイベントで、香水が作られた背景を体感することで、今までとは違った観点で香水を楽しんでいただけると思います。

――――最後に……細貝さんのお気に入りの香りは何番でしょうか

そうですね……私は7番のボーンウッドが好きです!
甘い匂いよりスッキリめの香りが好きなので。今までのSHIROとは違う香りが楽しめる香りだと思います。

――――お忙しい中、ありがとうございました!

イベントは27日日曜日までです。
無料で参加できるので、ぜひ訪れてみてはいかでしょうか。

(liBae編集部)