【2019秋冬】着てたらマズイ…!流行がすぎた4つのアイテム

【2019秋冬】着てたらマズイ…!流行がすぎた4つのアイテム

暑い日が続きますが、夏が終わればあっというまに秋と冬がやってきます。
暑さばかりに気を取られていて、秋冬ファッションへの切り替えが終わらないうちに寒くなってくると……。

「ま、去年まで着てた服でいいかな?」

なんて妥協してしまう人がいますが、それは要注意です!
ファッションの流行はとにかく変わるのが早いので、周りの人「あ、この人去年と同じ感覚なんだ」なんて思われる可能性もあります。

当記事では2019年の秋冬に備えて「流行が過ぎた4つのアイテム」を紹介しますので、絶対に着ないようにしましょう!

便利だけど、ちょっと時代遅れ……「ロングカーディガン」

ロングカーディガンは寒い時にちょっと羽織るのに便利ですし、体型も隠せて人気アイテムでした。

しかしながら、2019年の秋・冬に使うのにはちょっと流行遅れといえます。
もう流行したのは数年前なので、今年は新しいトレンドアウターを購入するほうがおすすめです。

男ウケが悪い!?「花柄・レースガウン」

一見すると可愛くて見栄えがいい花柄やレースのガウンですが、実は男ウケが悪い服なんです。
女性の間では流行していましたが男性から「なんかダサい」と思われていたようです、難しいものですね。

そんな理由もあり、2019年の秋・冬には時代遅れファッションといえるので、使うのは控えましょう。

あんなに流行ったのに……「ライダースジャケット」

2017年~2018年の秋・冬といえばライダースジャケットが流行りましたよね。
ただ、その感覚で2019年の秋・冬に着るのは要注意です。

今年の流行カラーは可愛らしいピンク系の色なので、黒いライダースジャケットを着ると周りから浮いてしまい「ダサい」と思われてしまいます。

流行したのは数年前「スカーチョ」

スカート見えする「スカーチョ」が流行服になったのも、もう数年前です。
特に低身長の人にとってマイナス効果を生み出してしまうため、スカーチョは流行遅れという印象が定着してきました。

今年流行しているのはワイドパンツなので、切り替えていきましょう。


当記事では2019年の秋・冬に着るにはもう時代遅れといえるファッションを4つ紹介しました。

流行しただけあって、見た目・実用性共に優れたファッションなのですが、残念ながらもう流行していないのです。
流行していないというだけでマイナスイメージを持たれることもあるので、2019年流行のファッションに切り替えていきましょう。

(liBae編集部)