浮いてるよ…?実はバレてる「やりすぎ涙袋」と正解メイクテク

浮いてるよ…?実はバレてる「やりすぎ涙袋」と正解メイクテク

メイクの流行は常に変化し続けていますが、涙袋メイクはかなり変化が速くなっています。
アイメイクは顔の中でも重要ポイントなので、時代遅れメイクは絶対に避けましょう。
逆に涙袋メイクさえ上手に出来れば、顔の印象がグッとよくなりますよ!

そこで、当記事では「やりすぎ涙袋」にならないための正解メイクテクをまとめました。
正解アイメイクテクで、正しくぷっくり涙袋を作りましょう!

(1)涙袋は黒目の下だけにする

ぷっくりと目立たせるために、下まぶたの涙袋メイクですが、やりすぎには注意です。
特に、最近では涙袋は黒目の下だけにするのが流行っています。
今までのように下まぶた全体にアイシャドウを塗ってしまうと、不自然さが目立ってしまうのです。

黒目の下部分だけのメイクでも、涙袋の印象は与えられるので、小さめにメイクするようにしましょう。

(2)真っ白な涙袋はNG!

涙袋のカラーにしろを選ぶと、周りの肌の色とマッチしないため非常に目立ってしまいます。
涙袋は「さり気なく」が基本!そのため、周りの色に溶け込む自然な色を選ぶようにしましょう。

自然に見せるには肌の色に近いベージュ系などにしておくのがおすすめです。

(3)アイラインで涙袋が不自然になる

下まつ毛の下に書くアイラインのせいで、せっかくの涙袋メイクが目立たなくなってしまうこともあります。
実は、涙袋メイクを活かしたいのでしたら、アイラインは書かないほうがいいのです。

どうしても下まつ毛も強調させたいときはアイシャドウで細く書くか、下まつ毛ギリギリの部分に細く書くだけにとどめましょう。

(4)影が濃すぎないか改めて確認

一時期流行になった涙袋メイクも、最近では「目立ちすぎるとダサい」という印象が強くなりました。
そのため、涙袋メイクにチャレンジする際には、影について常に確認してください。

影が少しでも濃い状態ですと、クマと勘違いされがちなので、注意しましょう。


以上が涙袋メイクの正解メイクテクでした。
基本は「さり気なく」です。さり気ないメイクでも、涙袋は目の印象を大きく変わります。
目立たせようとするのは逆効果に繋がることが多いデリケートな部分なので、注意してメイクしてくださいね。

(liBae編集部)