なんか古臭い?やりがちな時代遅れなチークの入れ方

なんか古臭い?やりがちな時代遅れなチークの入れ方

ポイントメイクで意外と難しいのが、チーク。
濃さや入れ方など、トレンドは変化していくので、あっという間に古臭くなることも。
この記事では、やりがちな時代遅れなチークの入れ方をご紹介します。

(1)色が濃い

何年か前に流行ったおフェロメイク。
チークも血色良く見せるような、ピンク色が流行りでしたね。

今は、ナチュラルメイクがトレンド。
ポイントメイクで力を入れるのは、今はアイメイクやリップメイクです。

その分、チークはナチュラルを心がけてください。
パール感があるチークなら、自然なツヤ感を出してくれるため、お勧めですよ。

パウダーチークは、チークブラシを使って、つけすぎを防止しましょう。
クリームチークは、後からパウダーをのせると、発色を抑えてくれます。

(2)丸くのせる

チークを丸くのせるのは、古臭いだけでなく、顔を大きく見せる原因に。
丸くチークをのせると、顔の面積が広く見えてしまうんです。
チークは自分の顔の形に合わせて、入れるようにしましょう。

丸顔の人は、頬の高い位置から横長に。
面長の人は、それよりも少し下に、頬の真ん中から横長に入れましょう。
さらにチークの真ん中から下に向かって、少しいれます。

どちらの場合も、しっかりとぼかすようにしてください。

(3)斜めにいれる

チークは斜めにいれる、というのも少し古い。
斜めに、外側までいれすぎると、顔の横幅が長く見えてしまいます。

チークは黒目の下くらいにいれるよう、意識しましょう。
チークが顔の中心に近いと、小顔効果がありますよ。

頬を高く見せるようにいれるのではなく、目の下を明るく見せることが、大切です。

(4)低い位置にのせる

チークは笑ったときに、膨れる頬のところにのせる。
数年前は、そんな風に言われていました。
これも、今は時代遅れなんです。

笑ったときに膨れる頬のところは、実は頬骨よりも低い位置。
頬骨よりも低い位置にチークを入れると、顔がたるんで見えてしまいます。
特に年齢を重ねると、老け見えの原因になることに。

チークは頬骨の高さに入れるようにしましょう。
年齢を重ねると、頬骨よりも少し上でもいいですよ。


古臭く見える、時代遅れなチークの入れ方をご紹介しました。
時代遅れのチークは老け顔などの原因にもなります。
ぜひ、今どきのチークメイクで、旬顔を目指してください。

(liBae編集部)