あざとすぎは危険?モテ服「Vネック」が男ウケしなくなるNG4つ

あざとすぎは危険?モテ服「Vネック」が男ウケしなくなるNG4つ

Vネックは、デコルテがすっきりして見えるということで人気がありますよね。
人気があるVネックですが、合わせ方や選び方によってあざとすぎ……なんて思われちゃうことも。
そんなミスをしないように、Vネックを着る上で気を付けたほうが良いことを見ていきましょう。

(1)Vネックの服ばかりを着てしまう

上半身がもったり見えるのを解消してくれるVネック。
首が短いのがコンプレックスで、Vネックの服を着ることが多い……なんて方は注意が必要です。

首元すっきりするから、女性らしさがあるからといつもVネックを着るのは避けましょう。
仕事のたび、デートのたびにVネックを着ていると、男性からするとあまり面白くないようです。

ボトムスの雰囲気や全体の雰囲気に合わせて、VネックやUネックなどを選んでいきましょう。
鎖骨ラインがキレイに見えるのは、Vネックだけではなくボートネックもおすすめですよ。

(2)合わせるボトムスがタイト

いかり肩さんにもおすすめのVネック。
かっこよく着こなすことができると大人気。
Vラインは縦に開いたラインなので、横広がりに見える肩を、ごまかしてくれます。

しかし、ボトムスがタイトなものだと。逆三角形のようなシルエットになり、全体のスタイルのバランスが悪くなってしまいます。

バランスを良くするためには、ボトムスをボリュームのあるものにしましょう。
または、重量感のあるデザインのものがオススメ。

(3)深すぎるVネック

デコルテがきれいに見えるからと、深すぎるネックはNG。
だらしない印象や下品な印象を持たれてしまいます。

男性側としては、目のやり場に困るとの意見もあるんです。
特に仕事ではTPOを考えて、Vネックを着る場合は浅めのものを選びましょうね。

(4)体形に合わないネックのデザイン

意外と自分では、体形に合っていないことが分からないかもしれないので、これは要注意。

首が長い骨格の方は、長さがより際だってしまいバランスが悪くなってしまいます。
そんな時は、浅いデザインのものをえらぶようにしましょう。

また華奢な方がVネックを着ると、貧相な体形に見えてしまうことも。
ボリュームのあるデザインのものを選ぶようにしましょうね。


仕事でもオフの日にも着やすいVネック。
セクシーに魅せようと深すぎるものを選んだり、ボトムスとの組み合わせを気にしながらコーデを組むようにしましょう。

(liBae編集部)