メイク下手すぎじゃない?女からもひかれるNGメイクテク4選

メイク下手すぎじゃない?女からもひかれるNGメイクテク4選

たまに、自分の目から見ても「メイク下手すぎじゃない……?」なんて子がいますよね。
気を付けてください、あなたもそう見られているかもしれませんよ……?

「女からも引かれる下手メイク」それだけは避けたい!
そんな人のために、当記事では4つのありがちなNGメイクテクをまとめました。
自分のメイクテクが大丈夫か、ぜひ確認してください!

(1)ベースなしのいきなりメイク

ベースメイクなしの「いきなりメイク」はNGメイクテクの代表例です。
例えば、スキンケアなし状態でいきなりファンデーションを塗っても、保湿されていないので、全然肌になじみません。
同じようにチーク・アイシャドウ・リップもそれぞれベースメイクが必要です。

ベースメイクをしていない状態で「いきなりメイク」をしても意味がありません。
「あー、この人何も分かってないんだ」という印象を与えかねないので注意です!

(2)チーク塗りすぎの「おてもやん」メイク

分かりやすいNG例としてはチークの塗りすぎで「おてもやん」状態になっているメイクテクです。
他の部分のメイクが上手でも、一発で「ダサい」と思われるので注意しましょう。
チークを使う際には薄色で自然な肌色を実現するメイクテクになるようにしてください。

(3)強調しすぎメイクは絶対NG!

目や唇など、それぞれのパーツを強調しすぎるメイクは絶対にNG!
アイメイク・リップ・チークのどれか一つを目立たせるメイクテクがおすすめです。
目も唇もチークも強調すると「あの人濃くない?」と言われてしまいます。

(4)分量使い過ぎのテカリフェイス

何事も使い過ぎはよくありませんが、ファンデーションはついつい使いすぎてしまいます。
ベースメイクをしても、度を越えた分量を使うと「テカリフェイス」になってしまいます。
テカリを目立たせないためにも、パウダーやファンデーションの分量には注意してください!


上記ではNGメイクの代表例を4つ紹介しました。

いずれも、自分では気づきにくいNGメイクテクですし、周りの人も指摘しづらいNGメイクテクです。
NGメイクテクのまま外を歩かないようにするためにも……当記事を参考にして、自分のメイクテクを見直しましょう。

(liBae編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【イイ女】の3箇条
誰にもわたさない!男が手離したくない【イイ女】の3箇条
【大人女子必見!】30歳からの分岐点エイジングケア
【大人女子必見!】30歳からの分岐点エイジングケア