それ不自然かも…?実はやりがちな「コンシーラーのNG使用法」

それ不自然かも…?実はやりがちな「コンシーラーのNG使用法」

クマやニキビ跡など、肌のアラを隠してくれるコンシーラー。
美肌作りに役立つアイテムですが、使い方を間違うと残念な仕上がりに……。
ヨレや不自然な目立ちを招く、コンシーラーのNG使用方法をご紹介します。

(1)コンシーラーの色が合っていない

コンシーラーが変に浮く場合は、色選びを間違っている可能性大。
カバーしたい肌悩みに合わせて色選びをするのが正解です。

クマ隠しでは、クマのタイプに合わせて選びましょう。
青クマを隠したいときはオレンジ系、茶クマはイエロー系、黒クマはベージュ系が◎。
明るさよりも、色味で選ぶのがコツです。

シミのカバーには、肌色よりも少し暗めの色を選ぶとナチュラルに仕上がりますよ。
明るい色のコンシーラーは×。
白浮きの原因になるので、要注意です。

ニキビ跡は、赤みを打ち消すイエローやグリーンのカラーが好相性。
薬用タイプの商品だと、カバーしながらニキビケアできておすすめです。

(2)コンシーラーのタイプが合っていない

コンシーラーは、スティックタイプ、リキッドタイプなどの種類があります。
それぞれ質感やカバー力など特徴が異なるので、使う目的や場所に合わせて選びましょう。

リキッドタイプは、さらっとしていて伸びが良いのが特徴。
ヨレにくいので、目元や口元など表情の変化でよく動く部分に向いています。

ただしカバー力は低め。
濃いシミ隠しには不向きです。

スティックタイプはカバー力の高さが長所です。
シミやニキビ跡をしっかりカバーしたい人向き。

短所は厚塗り感が出やすいこと。
塗り方にコツが必要なので、初心者は使いにくいかもしれません。

リキッドとスティックの中間の使い心地なのが、クリームタイプ。
適度にカバー力があり伸びも良いので、マルチに使えます。
扱いやすいので、コンシーラー初心者でも失敗なく使えるタイプです。

(3)使っている量が多い

ヨレや崩れを起こしやすい人は、使用量を間違えているのかも。

隠そうとする意識が強いと、コンシーラーを多く使いがちですよね。
でも、量の多さとカバー力の高さは比例しません。

少量を薄く馴染ませるのが正しい使い方。
使いすぎると不自然な仕上がりになったり、ヨレや崩れの原因になるので、気を付けましょう。

カバーしきれていない、と感じる場合は、コンシーラー自体の見直しを行ってみて。
カバー力の高いコンシーラーに切り替えましょう。

(4)馴染ませ方が雑

コンシーラーの仕上がりを左右するのが、馴染ませ方。
カバーしたい部分に少量のせ、やさしく指で叩くように馴染ませます。

指をスライドして伸ばしたり、叩く力が強すぎるとカバー力が落ちるので、気を付けて。
力を入れすぎる人は、人差し指でなく薬指を使うと良いですよ。

最後に透明なパウダーを軽くのせて、ヨレや崩れを防ぎましょう。


コンシーラーは正しく使うと、ベースメイクの仕上がりがワンランクアップします。
気になる肌悩みがある方は、上手に活用して美肌を作りましょう。

(liBae編集部)