時代遅れになってない…?令和で浮いちゃう「NG眉メイク」とは

時代遅れになってない…?令和で浮いちゃう「NG眉メイク」とは

顔の印象を左右する眉メイク。
どこか古臭い顔に仕上がるなら、眉メイクが旧型なのかも。
ファッションと同じように、眉メイクにも流行があります。

時代遅れの眉メイクの特徴をまとめてみたので、メイクの見直しを行いましょう。

(1)くっきり眉

きっちりくっきりとラインが描かれた眉はのっぺり感があり、古臭さが漂います。
ふんわりとナチュラルに仕上げるのが令和の眉。

ペンシルタイプのアイブローを使っている人はくっきり眉になりがちなので気を付けて。
しっかり描けるので、きれいに描くほど主張が強すぎる眉になりがちです。

ペンシルアイブローを使う時は、スクリューブラシでぼかすのがコツ。
最後にひと手間をかけることをお忘れなく。

(2)細すぎ眉

細めの眉はエレガントさが出せますが、細すぎる眉は×。
極端に細い眉はバブル時代やアムラーを彷彿させます。

細眉は、30代の人がメイクを覚えたての時代に流行した形ですよね。
当時からメイク方法をアップデートしていない人は要注意。

今も同じようにメイクしていると、古き良き時代を引きずっているオバさんに認定されますよ。

(3)薄すぎ眉

色が薄すぎるのもNG眉。
眉マスカラ使用者に多い失敗です。

眉の色が明るいと垢抜けた印象に見えますが、明るすぎるのは×。
老けて見えたり、不健康そうに見えたり、顔の印象がぼんやりしたりと、良いことナシ。

眉がはっきりと生えている人は、明るいカラーを選びがちなので、気を付けて。
髪の色よりもワントーン明るいのが正解カラーです。

ボトルの色や商品説明だけで判断するのは失敗の元。
眉につけてみて、しっくり馴染んでいるかチェックをしましょう。

(4)角度をつけすぎ&並行すぎ

角度のきつい眉は、一昔前のギャルメイク臭が漂います。
元ギャルだったことが丸わかり。
攻撃的な印象になるので、知らないうちに周囲を威嚇しているかもしれませんよ。

逆に角度がなく直線的な太眉も、時代遅れ感アリアリです。
太眉は現在も流行ですが、令和流は眉尻部分が若干細くなっています。
眉頭から眉尻まで同じ太さで描いている人は、修正を行いましょう。


眉はトレンドが出やすい部分です。
昔のままのメイク方法だと、時代に取り残されますよ。
新時代の令和に合わせて、メイク方法切り替え、新しい顔を手に入れてくださいね。

(liBae編集部)