それ、あんまり可愛くないよ…男子が苦手なNGメイク4つ

それ、あんまり可愛くないよ…男子が苦手なNGメイク4つ

メイクはその時代を表す象徴のようなもの。
女性のたしなみであり、楽しみでもあります。
いかに時代に合わせたトレンドメイクで、自分を魅力的に魅せるか……腕の見せ所でもあります。

でも、そのメイク女子には素敵に思えるけど、男子はどう思っているのでしょうか?
実は、男子にはどうしても受け入れがたい、4つのNGメイクがあるんです。

(1)素肌が想像できない……「べっとりファンデーション」

悩みの多いお肌の問題、なんとか隠せないものかとついつい厚塗りしてしまいがちです。
化粧下地にコンシーラー、ファンデーション、お粉……頑張れば頑張るほど、透明感は失われ素肌から遠ざかっていきます。

さらに顔と首の色が明らかに違っていると、不自然さが際立ってしまいます。

男子は女子の透明感あふれる素肌が大好き!
顔全体を完璧に仕上げるのではなく、気になるところはポイントでカバーしましょう。

(2)お化けみたい……「ギトギトして真っ赤な唇」

濃い色のリップは血色を良くみせ、一気に華やかな顔立ちにしてくれますよね。
パキッとした赤リップも大流行しました。

唇をぷっくりと立体的にみせてくれるリップグロスは、保湿効果を増したりキラキラしたラメが入っていたりして、とってもかわいい!

でも、男子的にはNG。
元の唇の色からかけ離れた口紅には、違和感しか覚えないようです。
口角までしっかり塗られているリップグロスも然り。

かといって、ガサガサした血色の悪い荒れた唇は清潔感がなく、もっとNG。

上品な艶のあるシアーカラーの口紅が好感度大です。
リップグロスを使う場合は、唇の中心に光らせる程度がおすすめです。

(3)すっぴんとの差があり過ぎる……「やりすぎアイメイク」

アイメイクは、顔の印象を左右する最重要ポイント。

一重なのか二重なのか、それだけでも人に与える印象は大きく変わってきます。
瞳を大きく見せるコンタクトレンズも大人気ですね。

でも、頑張り過ぎたアイメイクで変身し過ぎるのはNG。

変身した自分を目指すのではなく、普段の自分に少しだけ華やかさをプラスする位が丁度いいのです。
「家でくつろぐ、すっぴん姿の彼女が好き」と思っている男子は意外と多いのです。

(4)ほっぺたにしか目がいかない……「主張しすぎチーク」

チークは血色感を上げ、若々しく健康的にみせてくれますよね。
少し上気したような、桜色の頬はみんなの憧れ。

しかし、頬は顔の中でも面積が広いので、血色が悪くみえるからといってしっかり色をのせてしまうと悪目立ちしてしまいます。

難しいチークの色選びは、お風呂上りの頬の色などもともとの血色を参考にするのがおすすめです。


いかがでしたか?

男子が女子のメイクに求めることは、何より「やり過ぎない」こと。
そして「濃い色は避ける」ことです。

素肌感、透明感、艶、輝き……これらのキーワードを満たしていけば、自然と「選ばれるメイク」に近づけるのではないでしょうか。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6