過激すぎ…!男が思う夏デートで着てほしくないNGコーデ

過激すぎ…!男が思う夏デートで着てほしくないNGコーデ

デートなどの服装は、印象を良くしたいので悩んでしまいますよね!
おしゃれなコーデでも、下着が透けている等過激すぎる露出は、男性から不評です。

今回は、夏デートに着て欲しくないNGコーデを、4つ紹介します。

(1)過度な露出高めコーデ

暑い夏は肌を出したくなる季節。
しかし、下着が見えそうなくらい短い丈のスカートなど、激しすぎる露出はアウト。

他の男性からの目も気になるので、夏デートには過度な露出は控えて。
背中が開いている洋服も、露出度が高くないか確認しましょう!

(2)ハードなダメージコーデ

ダメージデニムやトップスは、おしゃれなイメージですよね。
しかし、加工なのか故意なのか分からないほどの、激しいダメージのアイテムはNG。

品のない印象を持たれる場合があるので、ほどほどのダメージのアイテムを選びましょう!

(3)おへそが見えるショート丈トップスコーデ

海外のおしゃれな人たちも着ている、ショート丈トップス。
焼けた肌にマッチして、ヘルシーなイメージです。

しかし、男性からの反応はイマイチ。
お腹が冷えそうとの声が多く、おしゃれと思ってもらえないことがあります。

トレンドアイテムですが、丈感に気をつけましょう。

(4)下着が透けている淡いカラーコーデ

ホワイトやパステルカラーなど、淡いカラーは夏のトレンド。
しかし、下着の色を考えずに合わせてしまうと、透けていることがあります。
また、夏服は生地が薄手の物が多く、ボトムスも注意が必要です。

下着が透けてしまうのは、男性から不評。
透けにくいカラーの下着を合わせたり、キャミソールなどを重ねて着るようにしましょう!


開放的な気分になる夏は、ついつい激しい露出をしたくなってしまいますよね。
しかし、女性ウケが良くても男性から不評なことがあります。

ウケの良い夏コーデに仕上げて、デートを楽しみましょう!

(liBae編集部)