男ウケは最悪…かわいいけどモテない残念メイクまとめ

男ウケは最悪…かわいいけどモテない残念メイクまとめ

自分ではかわいいと思ってしているメイク、実は男性から見ると違っているかも!?
頑張ってメイクしても、男ウケ最悪だとしたらテンションも下がりますよね。
今回は、女性はかわいいと思うけど、男ウケしない残念メイクをまとめてみました。

(1)濃いチーク

かわいい印象にするために、チークは欠かせませんよね。
頬に大きく広げたり、目立つ色味をあえて使ったり、チークを主役にしたメイクもかわいいですよね。
女性の間では人気のこのメイク、実は、男性にとっては残念な印象に。

「そんなに塗る必要があるの?」と、濃いチークが理解できないみたいです。
男ウケが気になるなら、チークは控えめにしましょう。

(2)カラーマスカラ

目を大きく見せる必須アイテム、マスカラ。
最近は、カラーマスカラで、まつげを色付けるのも人気ですよね。
ブルーやレッドなど、目元で揺れてかわいい…が、男ウケはよくない残念メイクだったのです。

男性からは、奇抜だったり、派手すぎたり、といった印象になるそうです。
デートにカラーマスカラは、していかないほうがよさそうですね。

(3)太眉

目が大きく見え、目力アップの効果を狙うナチュラルな太眉は、女性に人気。
ですが、男性からは太眉は人気がありません。

太眉は、男性に男らしさを感じさせ、さらに、太くて凛々しい眉毛を連想させるみたいです。
ナチュラルだからといって、太くしすぎては男ウケは難しいようですよ。

(4)真っ赤なリップ

真っ赤なリップは、かわいくて女性でも塗っている人は多いですよね。
その赤い唇、男性から見ると下品な印象になるそうです。

赤は攻撃的なカラーでもあって、男性はそちらの意味で受け取ることもあるとか。
男ウケを意識するなら、真っ赤なリップは使わないほうがいいですね。


いかがでしたか?
女性から見るのと、男性からみるのと、こんなに差があって驚きましたね。
男ウケをねらうなら、メイクのやりすぎは控えた方がよさそう。

みなさんのメイク、残念メイクになっていないかチェックしてみてください。

(liBae編集部)