小顔効果も…?!この夏楽しみたい「キャップ」に似合うヘアアレンジ4つ

小顔効果も…?!この夏楽しみたい「キャップ」に似合うヘアアレンジ4つ

暑い日差しをカバーするキャップ。
カジュアルなキャップを大人っぽく見せるコツは、ずばりヘアアレンジです。

ただかぶるだけより、ヘアアレンジをした方が可愛いし、小顔効果もありますよ。
不器用な方でも簡単にできるヘアアレンジをご紹介するので、大人なキャップスタイルを楽しみましょう。

(1)おだんご

キャップの下の位置でのおだんごスタイルは、今っぽさが出せるスタイルです。
きっちり作らず、ゆるめに作るのがポイント。

1 低い位置でゴムで一つにまとめます。
時間が経ってもくずれないよう、ゴムでしっかりと留めておくのがコツ。
コームを使わず手櫛でまとめると、今っぽいルーズ感が出せます。

2 毛束をくるくるとゴムに巻き付けるようにしてお団子を作り、ピンでしっかりと固定。

3 おだんごを丁寧にほぐしてルーズ感を出します。
女性らしさを出したい時はおくれ毛を多めに、清潔感重視の時は少なめに作りましょう。

(2)ローポニー

定番のポニーテールは、低め位置で作るのが大人っぽさのポイントです。

キャップのアジャスターを通すポニーテールは、スポーティーな印象が強くなります。
子どもっぽく見えるので、要注意。
低めでポニーテールを作り、落ちついたアレンジにするのが大人流です。

ゴムで1つに結んだあと、ほぐす手間をかけるのがポイント。
この作業があるだけでニュアンス感が出せるので、必ず行いましょう。

髪が長い人は事前にカールをつけておくと、エレガントな仕上がりになりますよ。
男性ウケ抜群のスタイルです。

(3)くるりんぱ

ポニーテールにひと手間加えたくるりんぱは、簡単に立体感が出せるヘアアレンジです。

1 低い位置で一つにまとめ、ゴムで留めておきます。
ゴムでしっかりと固定しておくのが、失敗しないコツ。

2 ゴムの少し上の部分に指を入れて穴を作り、上側から毛束を通します。

3 毛先を左右に分けて引っ張り、きゅっと引き締めて形を整えたら完成です。

二重でくるりんぱを作ったり、おだんごと組み合わせたり、アレンジの幅が広いくるりんぱ。
ぜひマスターしておきましょう。

(4)ゆるめ三つ編み

髪が長い方は、女性らしさ満点の三つ編みがおすすめ。
ルーズに仕上げるのが、大人っぽさを出すコツ。
きっちりと作ると可愛くなりすぎるので、注意しましょう。

三つ編みをほぐす時は、毛先から行うのが鉄則!
上側から行うときれいなルーズ感が出せません。

サイドと襟足におくれ毛を残しておくと、ほんのり色っぽさが。
おくれ毛はカールを作っておくと、ボサボサ感がなくなり、きれいに仕上がりますよ。

サイドに流すように三つ編みを作ったり、左右それぞれ三つ編みを作ってから1つにまとめるのも◎。
簡単なのに、凝った印象に見せることができます。


キャップはそのままかぶると、カジュアル度が強いアイテムです。
女子度を上げるには、ヘアアレンジがマスト。

キャップ×ヘアアレンジの組み合わせで、夏の帽子スタイルを楽しみましょう。

(liBae編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。