え…太った?可愛いけど気をつけたい「淡色アイテム」のデートコーデとは?

え…太った?可愛いけど気をつけたい「淡色アイテム」のデートコーデとは?

淡色カラーのアイテムに注目が集まっています。
しかし、淡色をただ合わせてしまうと太って見えてしまうキケンも。

そこで今回は、アイテム別に淡色アイテムを合わせる時のコツをご紹介。
デートコーデにも使える、淡色コーデの基本を押さえましょう。
それでは、さっそく見ていきます。

(1)淡色トップスを合わせる注意点

淡色のトップスを合わせる際の注意点を見ていきましょう。
例えば、ホワイトのトップスを合わせた時は、他のアイテムでしっかり引き締め。
こうすると、淡いコーデの中にメリハリが生まれて、洗練されて見えます。

淡いコーデをしたのであれば、他のアイテムを暗めのカラーのするといいでしょう。
のっぺりとした印象にならず、コーデにこなれ感を与えてくれるのです。

(2)淡色ワンピースを合わせる時の注意点

次に、淡色のワンピースを着用する時の注意点を見ていきましょう。
淡色ワンピースを着用する場合、細ベルトを合わせると上手くいきます。
ウエストマークが付く、ウエストベルトをすれば、それだけでこなれた印象に。

淡色ワンピは、のっぺりとした印象になりやすくなります。
細ベルトをして、コーデに変化を加えて、メリハリのあるスタイリングをしましょう。

(3)淡色カーディガンを合わせる時の注意点

さらに、淡色のカーディガンを合わせる時の注意点を見ていきましょう。
可愛い印象のある淡色カーディガンですが、太って見えてしまうこともあります。
そうならないためにも、着こなしで変化を加えていきましょう。

淡色カーディガンを合わせるのなら、ボトムはスキニーデニムが正解。
スキニーデニムがすっきりとした感じを演出してくれるので、スタイルが良く見えます。

(4)淡色ボトムを合わせる時の注意点

最後に淡色ボトムを合わせる時の注意点を見ていきましょう。
淡色ボトムを選んだのなら、トップスに暗めのカラーを持ってきましょう。
例えば、白のボトムに、ブラック系のトップスなら、すっきりと着られます。

また、ホワイトパンツを選ぶのなら、ダメージ加工のあるタイプがおすすめ。
コーデのアクセントになり、よりいっそう洗練されたスタイルになります。


いかがでしょうか?
今回は淡色アイテムを使う際の注意点を見てきました。

ポイントさえ抑えれば、淡色アイテムも効果的に着用できます。
ぜひ、参考にして、ファッションを楽しみましょう。

(liBae編集部)