甘過ぎないのが逆にいい!男ウケ「ピンク」コーデ4選

甘過ぎないのが逆にいい!男ウケ「ピンク」コーデ4選

男ウケのいい「ピンク」コーデを4つ紹介します。
女性らしさを発揮するピンクは、可愛いコーデ作る際に効果的。
一体、どんなコーデをすれば、可愛く見られるのでしょうか。

今回は、ピンクを中心にしたコーデのポイントを解説。
それでは、さっそく見ていきましょう。

(1)シャツブラウス

シンプルなシャツブラウスもピンクを合わせると、女性らしくなります。
落ち感のあるシルエットのブラウスなら、オンもオフも着やすくおすすめ。

ピンクを合わせる時のポイントは、甘すぎないようにみせることでしょう。
ピンクのブラウスを合わせるのなら、ボトムは白にするとバランスが取れます。
白×ピンクの組み合わせなら、甘さをそれほど感じさせないのです。

(2)ハイウエストパンツ

流行のハイウエストパンツも、あえてピンクを選んでみましょう。
ピンクの可憐な印象が、コーデを引き立ててくれます。
この時、シルエットはワイドを選ぶといいでしょう。

ワイドなシルエットのパンツなら。キレイ目なピンクを合わせてもラフになりません。
キレイ目な大人っぽさを発揮できるので、可愛いコーデが完成します。

(3)タイトスカート

ピンクのスカートは、ガーリーさが全面に出てしまいます。
そのため、幼さが気になってしまう方が多いかもしれません。
そんな時は、ピンクのタイトスカートを合わせてみましょう。

タイトなシルエットのスカートなら、きちんと感があるので、大人っぽく決まります。
レースのブラウスなどを合わせても、今風に着こなしになるのでおすすめ。

(4)マキシ丈のワンピース

ワンピースは一枚で着こなすことが多いアイテムです。
そのため、ピンクを選ぶと、甘くなりすぎてしまうので注意が必要。
ただ、丈を選べば、ピンクのワンピースも大人っぽく決まります。

ピンクのワンピースを合わせる時の基本は「マキシ丈」です。
足元までの丈を選べば、大人っぽいコーデを作ることができるのでおすすめ。


いかがでしょうか?
今回は男ウケ抜群の、ピンクを中心にしたコーデを紹介しました。

甘くなりやすいピンクですが、ポイントを押さえて使ってみましょう。
たちまち大人っぽくなり、洗練された着こなしに。
ぜひ、参考にしてみてください。

(liBae編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。