キュートなだけじゃ物足りない!自分のための“クールメイク”4選

キュートなだけじゃ物足りない!自分のための“クールメイク”4選

個性を出したいときや、かわいい雰囲気からイメチェンしたい時にチャレンジしたいのが「クールメイク」。
ちょっとしたコツを覚えるだけで、いつもと違う自分に見せることができるんです。

彼がどきっとしてしまうようなクールメイクのコツを、4つ紹介します。

(1)凛としたしっかり眉に整える

クールに見せたいときは、しっかりとした眉に仕上げましょう。
並行よりも、すこし角度をつけて描くのがポイントです。

髪色よりもワントーン明るい色を選ぶと、重くなりすぎずにおしゃれに見せることができます。

(2)ベージュでヌーディーな目元を作る

アイシャドウは濃くせず、ベージュ系でヌーディーな仕上がりを目指しましょう。
控えめなラメ入りのものや、クリームタイプを選んで艶っぽくするのが大人女子向け。

リキッドタイプアイライナーの黒やダークブラウンを使い、目尻にそって流すと色っぽい目元になります。

(3)チークは控えめに入れる

アンニュイな表情を演出したいクールメイクでは、チークはあえて控えめに入れましょう。
パウダータイプを使って、ほんのり色が乗る程度にするのが良いですよ。

複数カラーが入ったチークパレットを使えば、肌に馴染ませやすい絶妙カラーが簡単に作れます。

(4)ダークレッドのリップをポイントにする

クールメイクの仕上げには、赤リップをポイントに持ってきましょう♡
濃いめの赤がおすすめですが、自分の肌の色味に映えるカラーを使います。

リップの境目ははっきりさせず、塗った後に指で少しぼかすようにすると今っぽく見えるでしょう。


ナチュラルな中にもキリッとした部分も光るクールメイクは、いつもと違った表情が引き出せること間違いなし♡
ファンデーションは濃くしすぎず、透明感のある肌を目指すとナチュラルに見せることができますよ。

クールメイクのポイントをマスターして、メイクテクの幅を広げましょう。

(liBae編集部)