私に必要なのは何色?“コントロールカラー”の選び方

私に必要なのは何色?“コントロールカラー”の選び方

肌の色を整え、きれいな肌に見せてくれるコントロールカラー。
色や種類が多く、自分にどんなものがあっているのか、迷ってしまいますね。
この記事では、肌のお悩みごとにお勧めのコントロールカラーをご紹介します。

(1)血色を良くみせたい

肌の血色を良く見せたいなら、ピンクのコントロールカラー。
貧血気味な人や、顔色が悪く悩んでいる人の肌を、生き生きと見せてくれます。

赤みがある人や、肌の色が暗い人は、腫れぼったくならないよう、注意が必要です。
血色を良く見せたい箇所に、ぽんぽんと軽くたたくようにつけましょう。

(2)赤み、黄色みをおさえたい

肌の赤みを抑えるならグリーン、黄色みを抑えるならブルーがお勧めです。

グリーンのコントロールカラーは肌の赤みやニキビ跡を隠してくれます。
隠したい箇所に軽くのせるように使いましょう。
自然な顔色に演出してくれます。

くすみや黄色みが気になる人はブルーのコントロールカラーを顔全体に塗ってください。
ブルーには透明感やトーンをアップしてくれる効果があります。

色白の人は顔色が悪く見えるため、あまりお勧めできません。
クマがある人はその部分をさけて塗るようにしてくださいね。

(3)顔色を明るくみせたい

顔色を明るく見せたい場合にお勧めなのは、ブルーやパープルのコントロールカラー。
どちらも色白に見せてくれ、エレガントな印象を作ってくれます。
薄く顔全体にのばすようにして、使いましょう。

肌の色が合わない場合、白く浮いてしまい、違和感があります。
日焼けして肌が黒くなっている人は注意して使ってください。

(4)クマやくすみを隠したい

クマを隠したいときはオレンジ、くすみを隠したい場合はイエローがお勧めです。

茶色のクマは、オレンジのコントロールカラーで目立たなくさせることができます。
健康的な色でカバーし、若々しい印象を作ってくれますよ。

くすみを隠したいときは顔全体にイエローのコントロールカラーを伸ばしましょう。
肌の色むらやくすみをカバーし、明るい、健康的な印象にしてくれます。

日本人にも馴染みやすい色で、多くの人に合う、使いやすいカラーです。


お悩みごとお勧めのコントロールカラーをご紹介しました。
悩みがあると、どうしても隠そうと厚い化粧になってしまいがちです。
コントロールカラーをうまく活用し、ナチュラルな美肌を手に入れてください。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6